Archangel Michael

10月31日 小雨 2年前に全て内装が木材の新築を建てた。 「無理をする男の一生の踏ん張り」と、いうところだろう。 自分の書斎だけは、とにかくこだわった。(前にも書いたかな。。) 本の高さも計算して本棚も作ってもらった。 他は妻に全て好きなように任せた。 その書斎にはマリア様がドーンといるのだが、 僕はずっとマリア様の上に何を飾ろうか? 僕の作品か、どうしようか、考えてた。 やっと決まった。 大天使ミカエルに決めた。 なかなか素晴らしい。四大天使の中でも大天使ミカエルは、 ものすごく端的に言うと「悪魔退治しちゃいます」の担当。 飾られたミカエルを見上げると僕が退治されそう。

ココアの残骸

10月29日。僕はまだ暑い日々。 記録=過去=現在=未来=遺書=アングラFB=エネルギーの塊を、休んでいたので今日は戻る。それにしても僕は、なんて自由に文字打ちまくってるんだろう。 ある展示レイアウトを作成してシュミレーション印刷をしたら、 見事に予想外の印刷物が出てきた。 「けいすけ、プリンタ直しといて。これは捨てとく。あ、一応記念にスマホで撮っとくわ」 ただの黒インク不足だったのだが、今見ているとなかなかクールではないか。 ここ最近、今ままでにないスピードでスパスパ作品を撮っている。 「一息」が必要だ。 その一息は、ホットミルクかココアに限る。 ホットココアを作ったけど最後の一口あたりで、ココアの塊の残骸に気がつく。 何でだろう。 あんなにかき混ぜて味を確かめ、再度温めて二回かき混ぜたのにこの残骸。 残骸を飲んでみたら咳が出る。その咳から部屋中がココアの粉で埋まりそうだ。 せめて神々しい粉であってほしいなど。。そんな私事をいちいち遺書化している僕は、 やめたほうがいいタバコをいちいち吸っている。 まるで吸い倒れだ。書斎中の空気が粉と煙に変化していく。 今日こそカッコよくウイスキーなど片手にWEBにアップしてみようじゃないか。 そんな洒落たダンディーな事を思ったのだが、 冷蔵庫にあるアイスクリームと三ツ矢サイダーの誘惑に負ける。 大人になれない子供の大人。 いや明日はバタバタなのだ。娘は保育園で「みかん狩り」のため、 いつもよりか保育園に送る時間が30分早い。 アイス、サイダー、映画も今日は中止し早めに寝る。 2016最新作2「分離と融合」。 インク不足による失敗展示レイアウ

織姫と彦星

あたし今からお星様を見に行くわ。 おもちゃのようなロケット。 あたしの世界では無限の彼方に連れて行くの。 織姫と彦星にHelloしてくるの。 最も妄想、思想、創造された世界観。 佳子+Alice Pleasance Liddell+麗子像+釈迦+織姫&彦星 作品「佳子」より一枚抜粋

人神

35歳で悟りを開いた人物。お釈迦さまにお会いしたの。 「もし、清らかな心で生きている人がいたとしたら幸福はその人の後に、 かならずついていく事でしょう。」 「もし、ふしだらな心で、のうのうと生きている人がいたとしたら、 それでもあたしは幸福をその人に、かならずついてくるよう尽くすわ。」 古来より日本では人間そのものが神であり(人神=ひとがみ)であるならば、 あたしは皆を極楽へ転生するの。 最も妄想、思想、創造された世界観。 佳子+Alice Pleasance Liddell+麗子像+釈迦 作品「佳子」より一枚抜粋

夢と現実の狭間

すると瞬間的に移動したように「公園」にたどり着く。 たどり着くではなく、着地したような感覚。 その公園はどこにでもある、子供達やお母さん達が微笑ましく過ごす場所。 佳子は夢と現実の狭間。 作品「佳子」より。一枚抜粋

彼岸との境目

「人形は時に生きた生き人形になる。人間は時に人形になる瞬間がある。 被写体の佳子は、謎が多すぎる。 和服を着て薄い化粧を施した佳子が街の其処彼処に立つ。 彼岸との境目に在るような幽玄性も兼ね備え、 その存在自体が実在なのかも妖しくなって来る。 」 Artist Statement 内倉 真一郎 作品「佳子」より一枚抜粋

底の深いエネルギー

「今作に限らず内倉の写真には、人間に対する畏怖と尊敬と愛が同居している。 内倉の作品の特徴として感じるのは、画面の力強さもさることながら、強い被写体と向き合い受け止め、そしてそれを自分の強さに変換し昇華させていく底の深いエネルギー。画面に漲るそれが見る者を魅き付け、心を鷲掴みにしてくる。数々の受賞歴を持つ若手写真家 内倉真一郎の写真集」 gallery Main 代表 中澤有基氏 評論

麗子像

「佳子について。 すぐに大正期の岸田劉生の絵画「麗子像」を連想した。 けれども「佳子」はいま現在を生きる存在で、様々な場面に唐突に姿をあらわす。 そのギャップが色彩や化粧を使って巧妙に演出され、写真という「事実/記録」が虚構に反映するギリギリのところで、うまく「作品」に落とし込んでいる。」 Canon写真新世紀 美術評論家 椹木野衣評論 作品「佳子」より一枚抜粋

7 years old

全部見たわ。 あたしの好奇心から始まったこの世界。 貴方は、あたし。 あたしは、貴方。 そして、あたしは私ではなくなった。 Kako7歳。 Photographer Shinichiro Uchikura 31歳。 Alice Pleasance Liddell 7歳。 Photographer Lewis Carroll 65歳。 作品「佳子」より一枚抜粋

Alice+Kako

あたし夢の中。 大好きな人形達はあたしの友達。 その子達と同化したわ。 そしたらまるでアリスのように迷路。 深い深い闇はとても美しくて、 いつまでも、いつまでも、 その世界に居たかったわ。 作品「佳子」より一枚抜粋。

SAKURA

Hello。Shinichiro Uchikura 私さ、あの時の私さ。以前、吠えた狼が言ったように、 君が思っている以上に、君の「私事」は何一つ関心は無いのさ。 だから君が宿泊したホテルや、これ食べましたや、アトムデビューです、 などは、どうでもいいのさ。 そんな「私事」よりもだ、私の名前は「さくら」。 飼い主のおばあちゃんが10年前につけてくれた名前さ。 私はなかなか気に入っているのさ。 吠えた狼は躾など。。と言っているが、私は躾で育って幸せさ。 そして今、人間の年齢では私は70歳くらいのようだ。 半年ぶりに私を撮りに来た君は見ただろう。 首が真っ直ぐにならない私を。 どう思ったかい?やはりクールだったかい? そうさ、半年ぶりに撮影され、台湾で展示された私はギラギラさ。 力一杯、生きてやるのさ。 最新作1「犬の戦士団」より一枚抜粋

Collection

Shinichiro Uchikura Photography 「犬の戦士団」「分離と融合」 Six Sheet Collection Yasumasa Kaziwara It's inside, Japanese Miyazaki.

台湾写真家Yu-Lun Ho写真集「蝉」

静かな夜。僕は台湾写真家Yu-Lun Hoから頂いた写真集「蝉」をゆっくり見ている。 彼は写真展搬入終了間近にはなんとも可愛いTシャツを着て綠光+marüteにやってきた。 飾らない性格と、まっすぐな姿勢の26歳。僕のアシスタントの杉野と同じ年。 通訳を任されていたのだが、撮影がスタートすると僕は 彼を信用し、いつの間にかレンズ渡し、カメラ渡し、 アシスタントの仕事をしてもらっていた。とても助かって有難かった。 その日、僕は彼から写真集を頂いた。頂いたのだが、 台湾ビール、台湾ビールの連続で見れなかったので、現在、書斎でゆっくり見ている。 ↓写真家Yu-Lun Hoより抜粋。↓ 「アーティストとしての私は蝉のようだ。蝉は地上では7日間と比べて、私がいかにつまらない生活をしているか表現しているつもりだ。しかし撮り始めて気付いたのは、私がまだ地上にも出ていない蝉かもしれないということだった。 撮影した写真を見た最初の感想は、「私は何をしているんだ?何がしたいんだ?」だった。しかし実際のところ、私は本当に写真を撮っているだけで、ただそれだけだということに気づく。表現するということは全てはここから始まるということに。観客は完成した作品だけを見て、その素晴らしさを語る。しかしその裏にあるアーティストの苦労は見ることができない。」 このYu-Lun Hoの写真集コメントにあるように、 「私がいかにつまらない生活をしているか」=背筋が凍るような生活(私写真)。 「私は本当に写真を撮っているだけで、ただそれだけ」=ただひたすらに撮っている行為。 いかにつまらない生活と撮っているだけの写真群の集

Shinichiro Uchikura Photography in Taiwan 2

僕の作品をずっと見ていた彼は、 ネルシャツに短髪メガネをかけた笑顔の素敵な青年。 どう撮るか迷いはなく「シャツを脱いで欲しい、そしてメガネも」 こころよく言う通りにしてくれた。 新しいもう一人の人間は、 人間から生まれ写真に現れる。

Shinichiro Uchikura Photography in Taiwan 1

Shinichiro Uchikura Photography in Taiwan 1 再度ゆっくり時間をかけてレタッチをする。 このようにwebですぐ発表するのはスナップ(狩り)以外はしていないが、 このアングラFBでは僕は自由に投稿していくつもりだ。 (宿泊先のホテルなど初めて投稿したものだ。しかも自分の顔入り) 先日の投稿画像にあるように自然光で黒バックのみ。 まさに「人間図鑑」撮影スタイル。 この撮影イベントでは僕はそれぞれのphotoパターンを訪ねた。 とても分かりやすく言うと「笑顔」「モノクロ」「カラー」「笑わない顔」 それぞれのパターンを聞いて撮影をスタートする。 このFBでは「モノクロ」を数人、紹介しようと思う。 この女性は作品「佳子」に少し似た雰囲気を感じた。 彼女がどのような写真にしてほしいか僕は理解しやすかった。

「肖像」「人間図鑑」

写真展を開催するまでに寝れない日々が続いた。 毎回展示の前は寝れなくなるが今回はまた特別だった気がする。 自分の作品は海外でどう評価されるのか。と。 台湾ではやはり荒木経惟さん、森山大道さんが人気らしい(世界中でそうだが) 昨年のParisでは展示はしたが実際に行くことはできなかった。 なので今回は絶対に行くと決めていた。 Photoイベントでは僕の作品「肖像」「人間図鑑」の作風で撮影との依頼。 実は僕のポートレートシリーズはキッカリと被写体を選んで撮影する。 徹底して選び、衣装を決め、ギリギリの演出をして新たなる人格、 写真に人間を作り出すのが「人間図鑑」だからだ。 となると現地では誰が来るのか、どのような服装なのか、表情は? まったくゼロの状態から(商業ベースのポートレート)ではなく、 「作品による肖像」を撮るのは今までにない緊張感だったのかもしれない。 だがどこに行っても内倉は内倉で、撮影がスタートしたらエンジンは全開だった。 僕は今年たくさんの経験、出会いで自分がどんどん変化している気がする。 心からそのチャンスと、出会いに感謝をしている。

四本のバナナ

キャリーバックにはカメラと、パジャマ、PC、そして作品。これだけ。 3時間ほどで到着する台湾に到着すると、こんなにも世界が違うのかと。 それは台湾の人々の個性、人間性の素晴らしさ、 犬は首輪をされているが自由にうろちょろ。愛乗りの原付、色彩が茶色の食べ物、 コンビニではとんでもなく美味しいカフェオレ。 携帯で宿泊先のホテルを記念に一枚だけ撮る。日本語が上手なフロントの方だった。 台湾写真展&Photイベントで観光はしていない、 観光する時間は移動の時にバスから眺める風景くらい。 (そういえば僕はどこに行こうと観光をしたことがない)頭の中には「展示」しかない。 綠光+marüteに到着するとハロウィン提灯。 昔のままのドアなどをそのまま活かしたgallery。 窓辺の光が美しく周りは原宿に似たストリートの中にあるgalleryのように感じた。 展示してOKと聞いていたが、中澤さんが横山さんの作品を翌日持って来るまで僕は待った。早朝、横山さんの作品と中澤さんが到着。 中澤さんは「旅するときは太って帰るんだ」とバナナを四本ほど手に持っていた。 二人展示なので横山さんがどんなプリントスタイルでくるか楽しみだった。 やはりクールな作品群だった。それを見て搬入作業を開始する。 一心さんのアイディアを思いっきり取り入れながら、 僕の作品は新しい展示レイアウトに変化していく。 こうしている時も僕の作品は僕を飛び越して自由に、 綠光+marüteでギラギラと展示されている。

トークイベント&ポートレート撮影会開催in台湾

10月7日18時より台湾にて トークイベント&ポートレート撮影会開催。 //14:00-18:00内倉真一郎 人像攝影 活動「人間図鑑」 参加費:300NT$/A5 size//18:00~内倉真一郎 開幕演講 ・gallery Main新進作家展 デレクション中澤有基 【内倉真一郎×横山隆平 Photo Exhibition in Taiwan】 ・gallery:關於綠光+marüte ・日時:2016年10月7日(金)ー10月17(月) ・10月7日(金)18時〜トークショー&ポートレート撮影イベント開催 ・住所:關於綠光+marüte (台湾台中市中興一巷2號) ・Mail:gr2marute@gmail.com ・TEL:+886 4 2301 6717 後天10/7(​五)​ ​有新展覽開幕活動。 攝影​師内倉先生只有星期五在綠光+marute。 人像攝影活動"人間図鑑"從14:00開始。 拍攝照片,在現場打印送交。 照片以他的作品風格拍你。 在18:00有演講活動。 關于照片一起聊聊吧! ーーーーーーーーーーーーーー //14:00-18:00 内倉真一郎 人像攝影 活動「人間図鑑」 参加費:300NT$/A5 size //18:00~ 内倉真一郎 開幕演講 ・写真家 内倉 真一郎 HP http://www.uchikurashinichiro.com ・写真家 横山 隆平 HP https://yokoyamaryuhei.amebaownd.com

l i n k

rogo.jpg
g.jpg
15894843_1351267198265175_37462018732274
10906288_315310378663195_312759298077044
13659073_306296146371976_369671177627504
sd.jpg
1560319863524.jpg
mira.jpg
アーカイブ

© 2014 SHINICHIRO UCHIKURA.COM

  • Facebook
  • Instagram

© 2020  SHINICHIRO UCHIKURA.COM