全てにおいて写真なのだから

小説でもなく詩人でもなくポエムでもない。いや、そのようなレベルではないただの僕の日記=Letter(誰かに届ける言葉たち)は、果たして意味はあるのだろうか。そのような事を今朝、ほんの少し考えていた。基本的に僕は言葉に出来ないもの、または言葉以上に説明が強い手段として写真作品をしている。だけど言葉があまりに出すぎるともう意味もないように感じてきた。毎日がそうだけど、特にここ最近は写真を常に撮っている。いや、今までの僕のシリーズを完結するために撮っている。それは一つの分岐点でもあるだろう。  35歳の写真家は若手と言われることが多いのだけど、僕はもう若手とは自分では思っていない。若手という逃げ言葉から立ち向かい、自分の原点に今一度、戻り作品を撮っている。逃げるのだけは昔から嫌いなタイプだと思う。例えば早稲田大学を卒業して「早稲田行っても関係ないよ」という人間と、早稲田大学に行ってなくて「早稲田なんて関係ないぜ」さて、どっちがクールだろうか。また、コンペに例えても「著名なコンペに応募してもねぇ。。。」なのか、挑戦し受賞して「賞とっても、そんなに意味ないよ。基本、写真て素晴らしいよね」さて、どっちがクールだろうか。僕の意思は仲良しに合わせるものではなく自己標準に合わせていく。その行為こそが独自性ではないのだろうか。独自性から人との出会いや、繋がりで新しい可能性、自身が開花していくのであれば、その独自性=作品を磨くつもりだ。今まで以上に自分をみつめ、逃げることなく作品を撮る。そして得体の知れない何かに僕は立ち向かっていくつもりだ。 腑抜けた作家にはなるつもりもないし、なったつも

清里フォトアートミュージアム展示風景

2017清里フォトアートミュージアムYP 作品パーマネントコレクション YP展 展示風景「犬の戦士団」6点 初期作品「私は自分に恋をした新しく生まれる自分に」より2点 作品「人間図鑑」より3点

l i n k

rogo.jpg
g.jpg
15894843_1351267198265175_37462018732274
10906288_315310378663195_312759298077044
13659073_306296146371976_369671177627504
sd.jpg
1560319863524.jpg
mira.jpg
アーカイブ

© 2014 SHINICHIRO UCHIKURA.COM

  • Facebook
  • Instagram

© 2020  SHINICHIRO UCHIKURA.COM