語り合い、焦げるまで肉を焼き

さて、先日僕は地元で1日限定の展示をした。その展示のオファーDJの方々からだった。地元をもっと盛り上げたい、アートを見せたい。とてもシンプルなことだけど、例えばがんじがらめの団体が地方でこのようなイベントをやると考えると先ず、予算組み/会議/会議に合わせた会議資料/会議資料のための会議/ターゲット/などなど、本当に細かくなってくる。だが、そのイベントを考えた本人はとてもシンプルな行動と考え方だった。"地元のアーティストを地元の人がもっと知るべきなんです。"こんなシンプルで、どストレートな言葉、凄いと思った。そして僕はこのオファーを3月に受けていた。なんと考え始めたのも3月頃だそうだ。そこもカッコがいい。同級生のDJをやっている男と、画家をしている後輩が僕に現地を見せてくれた。その時はまだ、台湾に行く直前で頭が回らなかったが、オファーを受けた以上、必ずいい展示にしてみせる。そんなシンプルなことに重点を置いた。商店街近くの道沿いでは空き店舗だらけで少し寂しい。ここに当日は様々な屋台(雑貨、料理、お酒、アクセサリー、洋服、マッサージ)などなど沢山のブースが出店すると聞いた。そして、僕が展示する場所はDJブースのメインフロアになった。音楽と写真をどう組み合わせようか、DJとなったら様々なジャンルがあるはずだ、素人ながらに考えた。暗闇の中に薄暗い光とともに作品が照らされる。そして、作品はあくまでサブであるべきだと。音楽と楽しく踊っている人々、そして壁を見たらなんか変なのがある。その変なのが僕の作品でいいと思った。 結果、倉庫からプリントの少し傷んだ作品たちを集めるだけ集め、黒テープだけを

プリント完成

エモンフォトギャラリーの個展では大型プリントからの大、中、小とランダムな組み合わせになり一枚一枚にそれぞれの意味合いを持つ。今までしたことのない展示スタイルに僕はワクワク。そして先日、ようやくプリントが完成した。インクも紙も時間もたくさん重ねた時間は一旦終わり、協賛してくださる額装業者さんのところに行っている。「もう一度プリントを見ておきたかったな、」と、思ったり。そう、もう一度BABY完結のために撮り下ろした新作を見たかった。PC上のデータで見るのとはわけが違う。大型プリントは1枚につき40分ほどの時間がかかるけど、嫌なとこでノイズがかかるとまたやり直す。そしてまた40分が始まる。このような繰り返しのプリント作業。好きな音楽を聴きながらスタジオにどかーんと並べ、それらを眺める。これら全てが額装されあの展示レイアウト通りになるのか。。とにかく初めての試みでドキドキとワクワクだ。暗室時代もデジタル化したプリント作業も僕の気分はそんなに変わらない。楽しい。これだけだ。 作品"BABY"には特別な気持ちがある。それは他の作品を同様だがまた別物だ。そしていよいよ額装された作品に再開するのは搬入日だ。それまでこのワクワクを我慢しておこう。明日は、仕事が休み。ひとまず、BABY以外の最新作の撮影に出かけようと思う。こちらは雨がずっと降っている、明日はどんな世界が待ってくれるのだろうか。 ・ 今日の画像はPENTAX67IIこのカメラでよくポートレートや、スナップショットもしていた。当時はこのカメラで撮影するとなんとなく上手くいい感じに撮れている気持ちがあった。仕事ではデジタルカメラはもう随

写真家だから写真にお金を使う

「お疲れ様です、先輩どうですか最近 」 「 いやさ、これがこうでさ、やってるよ作品 」 たまに電話で長時間話す写真家の先輩がいる。先輩とは同じ母校で数年前からだろうか、少しの活動(グループ展など)を通じて仲良くさせていただいている。いつもいつも僕を応援してくれて、ここぞという時にポン!とメールと電話が来る。優しく聞き手上手な先輩だ。関東・関西で制作はせず山口県で作品制作をし、作品を発表。そして篠山紀信に認められ篠山のポートレートを撮影し、Canon写真新世紀では優秀賞を受賞した写真家 安森信さんだ。 先輩の作品はエロス/私事/生/性/死(私写真は今様々な問題が起きているが僕はそんな事どうでもいい)とてもダイナミックな切り撮り方と繊細なトーン。先輩は地道に地道に活動=作品制作を重ね、いよいよ今年か来年にさらに活動を起こすみたいだ。それは後輩の僕も自分の事のように嬉しい。さて僕も更に気合入れないといけないではないか、そんな気分になる。先月の電話で先輩は面白い事を...... 「写真家ってさ、写真家だから写真にお金を使うんだよね。他のものには俺は興味がないから。大きな決断をする時は、極論の考えが発動するんだよ。それに死ぬわけじゃないってこと。人生すべてにおいて悔いを残したくないよね。」 そんな言葉を聞いた。なんてシンプルな言葉だろうか、そしてなんて的を得た言葉だろうか。僕の場合は数年前から酒も飲まない、友人と食事に行くこともなく、夜飲みに行くこともまずない。服装も興味がなくなったので作品の色彩の邪魔をしない黒にしている。というか服装で個性を表現するつもりはない。それ

息子が恋をして青春をして結婚をして父親になった時に

「男の子ですね、お父さんと同じ誕生日が予定日です」作品"BABY"の被写体でもある我が息子の光紀。もう1歳と半年になる。今は唐揚げが好きだったり、アイスクリームに夢中だったり、おもちゃが大好きだったり、少し言葉も話しだし、一番大好きなのはお風呂だ。 僕の誕生日は11月4日で偉大なる写真家 Robert Mapplethorpeと同じだ。同じなだけだけど学生の時からメープルソープの作品は好きだった。それを知ったのは4年前くらい。だからこそミーハーな気持ちで少し嬉しい。もし息子が同じ誕生日だったらこれまた面白かったのかもしれない。だが息子は2日違いで生まれた。11月6日に産まれた。この話はただの親バカだ。 男の子とわかった瞬間に僕は不思議な気持ちだった。息子は"自分の心"と書く。そうか、タチの悪いことに僕の分身が生まれるのか。どうか悪いところは似ないでほしいな、そんなことを考えていた。そして僕の小さな頃の写真はお宮参りの写真からしかない。生まれた直後や新生児の頃の写真は一切ない。そんなことを思い出した。息子が産まれた直後、二人目の子供だから僕は冷静に産まれていく瞬間を見ていて勢いよく泣くのだけども涙が出ていない。この疑問からBABYはスタートした。 振り返ると作品"BABY"は生まれる前から作品化すると決めていたのかもしれない。 それは名前を僕が真剣に考えた時から始まっていたような気がする。僕の名前は真一郎で写真舘を営む父が、写真が一番好きになるように写真の"真"と一番の"一"をつけたそうだ。だが"郎"は長男だからとりあえず郎で"真一郎"だったようだ。 そうか、息子と

暑い、熱い、夏に進んで行く。

早い告知ですが、7th EMON AWARD Grand Pirix Exhibition 内倉 真一郎 写真展"BABY"が7月13日(金)〜8月4日(土)EMON PHOTO GALLERYにて開催されます。以前は、7th EMON AWARD のファイナリストになりグランプリになろうが、ダメになろうが、ライブ放送のようにブログとFacebookでこまめにお知らせをしてきました。それは落ちても潔く全てをさらけ出していく覚悟でいたからです。それも含めて自分の中で公開プレゼンテーションと考えていたからです。 南国に住む僕にはとても寒かった東京の冬。揺るぎない背景と目的を持って挑んだEMON AWARD 。今日から暑い、熱い、夏に開催するEMON PHOTO GALLERYの個展に向けてこのブログも進めていこうと思います。そんなに見ている人は少ないはずですが、まさにブログは日記ですから、個展に向けて自分がどのように変化していくのか、そんなことを書いていこうと思うのです。 そして今。人生の大先輩でもあり、侍のようなギャラリストの方のもとで個展に向け、新しいBABYに向けて、作品も撮り、展示レイアウトを考え、額装を考え、そしてまた撮影に戻り、その繰り返しです。僕は今ほど過去の自分の作品、シリーズもので、ここまで突き詰めた事はないように思います。今まで作品"BABY"は、小出しにグループ展やアートフェスタなどで発表してきました。今年、ようやく初の個展でのお披露目になります。SNSで作品"BABY"の様々な展示風景を発表していますので「あ、この作品がまた来たか.....」そう

大阪 日本写真映像専門学校にて講義開催

日本写真映像専門学校にて講義を開催させていただきました。 知ること/撮ること/挑戦すること/コンペディションに応募する背景と目的/プレゼンテーションとは。3時間による講義、教員の根岸さまと台湾のWFDについて/濱口校長による学生プレゼンテーション審査。 とても素晴らしい時間となりました。 日本写真映像専門学校教員の皆さま、学生の皆さま、有難うございました。

休み

4月が終わった。4月は仕事上1日も休みがなかった。忙しいアピールでもない、仕事の依頼が定休日に来たら受ける。 そして全力で仕事をする。それだけのことなんだけど、流石に一ヶ月間休みなし、これは気がついたら体力的ではなく精神的に少し疲れが出ていたようだ。作品撮りは合間合間に少ししていた。そうだ、今日は一ヶ月ぶりの休み。僕は作品撮りに出かける予定だった。だが朝起きたら土砂降りの雨だった。その雨を撮影することはできるんだけど、少し考えて家にぼーっといることにした。1歳半になる"BABY"息子は保育園を休ませ、家のおもちゃで一緒に遊んだ。4月に小学一年生になった娘は小学校に行った。小学校は休ませることはできない。娘は水色の傘をさし赤いランドセルをからって朝、学校に行った。14時過ぎに帰ってきて僕は娘が帰ってきたら二人で遊びに行こうと思っていたんだけど、姪っ子と帰ってきたから娘は嬉しそうに宿題を姪っ子としていた。 さて、中途半端な時間、僕はどうしようか?私服からパジャマに着替えて近所のスーパーに刺身を買いに行った。なんだかそれはそれで幸せな気分だった。こんな時間にパジャマで刺身をスーパーに買いにくのは気持ちが良い。お菓子も買って宿題をしている姪っ子と娘にあげた。とても嬉しそうに食べていた。息子は昼寝でひたすら気持ちよさそうに寝ている。 さて、そこから僕はどうしようか?どう考えても中途半端だ。一切興味がないTVを見た。大したことのないニュースを大袈裟に面白おかしく、イラストや言葉で伝えている。 "なんと!00で話題の00が軽傷を負わせたそうです!" "重大なことがわかりまし

l i n k

rogo.jpg
g.jpg
15894843_1351267198265175_37462018732274
10906288_315310378663195_312759298077044
13659073_306296146371976_369671177627504
sd.jpg
1560319863524.jpg
mira.jpg
アーカイブ

© 2014 SHINICHIRO UCHIKURA.COM

  • Facebook
  • Instagram

© 2020  SHINICHIRO UCHIKURA.COM