過去から現在へ。そして永遠の美しさを。「Collection 」"フクロウ"

きっかけは彼の腕だったのかもしれない。生涯、いや現在も天職に没頭している彼の腕を僕はそのまま撮影した。その腕ときたら様々な苦労のあとで輝いている。一見恐いイメージもするかもしれないが僕はまたしても彼から最新作の制作が始まった。 今年の初め寒い季節だ。「何か」の手がかりを探しながら僕はいつものように「何か」を探しに好きな音楽を聴き作品撮りに出かける。上を見ても太陽の光と青空、そして目の前には山、川、海。どこを見たらいいのか、ふと下を見たら野球ボール....いや「何か」のボールらしき「もの」がある。砂浜の誰も気づきやしない場所にあった「もの」を僕はじーっと見つめる。「ああ。僕が次に出会った世界はこれかもしれない」どう撮るかすぐに決まった。書斎に戻り2010年、2011年に発表した「肖像」「人間図鑑」で使った黒布を車のトランクに投げ込み現場に戻りカメラを構え「カシャ。カシャカシャ。」絞りは可能な限り絞る。さて、この写真は作品になるのか、どうなのだろうか。そんなことを考えていた。しばらくして僕はまた「何か」を見つけに出かけた。今度はカッパ、脚立、三脚、長靴、軍手、黒布、全て装備していた。「何か」を見つけられる自信があった。相変わらず適当で変な自信だ。そう、上は見ずに下を見続ける日々が続く。 ただひたすらに歩くと、鳩の羽でもなくカラスの羽でもない、不思議な羽が落ちていた。その前には古い小さなスクラップ工場がありスクラップにするのか?とは思えない「もの」があった。近づくと予感は予感ではなく現実そのもので「もの」は雑に捨てられていて僕と完全に目が合っていた。僕は工場のおじいちゃんに話しかけた

限界突破を探すための突破口を探す

「記憶がなくっていきます」そんな言葉を聞き僕はどうしていいのか分からない。僕はその人に何をしてあげられるのだろうか。考える日々が続いている。相変わらず今日も蝉の鳴き声と青空だ。そういえば数年前に見た素晴らしい映画をふと思い出した。だけどタイトルが思い出せない。その映画の内容はとてもシンプルで、生きる素晴らしさ、そして命の尊さを神秘的に表現している。見た目は赤ん坊で生まれているが精神年齢は90歳ほどなのだ。そして歳を重ねていくとともに若返っていく。最後に実年齢90歳になると精神年齢は赤ん坊の状態でまともに話せず死んでいく。そんな映画を思い出した。僕は何をしてあげられるのだろうか。僕のことも忘れてしまうのだろうか。僕は写真表現をしているのに、どうしたらいいのか。ちっとも分からない。 ・ やりきった気がしたまま、まだまだと自覚している。写真家の道は終わりはなくて、更なる表現を目指そうとすればするほど、その道はとても厳しいかもしれない。だが、ただひたすらに撮る。そんな気持ちは決して忘れないし体に染み込んでいる。そしてそれは、とても有難く楽しいものだ。「十一月の星」の制作をしながら、僕は「Collection」という完全未発表のカラー新作も制作していた。Canon写真新世紀で優秀賞を受賞したものの、またそこから新たな物語が始まる。いや、もう既に始まっている。今だからこそしっかりと自問自答をしなければと思う。どのように僕の「Collection」を見てくれるのだろうか、そこに集中しながらも、同時進行で現在は被写体を探らない行為。そんな作品(モノクローム)を撮り始める準備段階にいる。それは写

常識を疑い、信念という狼煙を大真面目に上げ、周りでなにか事件が起ころうがおかまいなしで没頭する。純心を絵に描いたような大バカ作家と、どうしたって私は出会いたい。

7th EMON AWARD Grand Prize Exhibition「十一月の星」展が本日終了いたしました。 お越しくださった皆様、そして応援してくださった皆様、本当に有難うございました。 また、個展開催中には完全未発表カラーの新作「Collection」が写真新世紀優秀賞を受賞しました。本当に有難いことです。今まで佳作を3回受賞し、いよいよクライマックスです。10月に東京都写真美術館にて展示&アーティストトーク、11月にグランプリ審査会。詳細はまたお知らせします。 そして9月1日〜16日(好評のため9月30日(日)まで延期になりました)まで、3月に開催された台湾のアートフェスタ2018Wonder Foto Dayでキュレーター賞を受賞した作品「犬の戦士団」。そして、もう一つのスペースで「十一月の星」がダブル個展として台湾にて開催されます。こちらもまた詳しく報告します。 また、10月20日〜11月17日まで大阪のBLOOM GALLERYにて「十一月の星」個展を開催します。こちらも詳細はまた報告します。 ・ 7th EMON AWARD Grand Prize Exhibition「十一月の星」展の様々な思い出。 ファイナリストから始まり、全て美しい思い出です。何度も、何度も、エモンアワードの事をこのブログに書いてきました。でも、でも、やはり思うんです。こんなパンチくらったような審査員のコメントを読むと挑戦したくなるはず。僕はこのコメントを見て全てを捨ててアワードに挑戦しようと決心しました。 「常識を疑い、信念という狼煙を大真面目に上げ、周りで

l i n k

rogo.jpg
g.jpg
15894843_1351267198265175_37462018732274
10906288_315310378663195_312759298077044
13659073_306296146371976_369671177627504
sd.jpg
1560319863524.jpg
mira.jpg
アーカイブ

© 2014 SHINICHIRO UCHIKURA.COM

  • Facebook
  • Instagram

© 2020  SHINICHIRO UCHIKURA.COM