ノーブレーキ、ノーブレーキ、ノーブレーキ、GO!!ロックでいこう

さて、いつものフレーズから始まると、誰も見やしないこのブログを久しぶりに更新する。 どこから話そうか。僕は今、戦友の写真家 横山 隆平から今朝、送られた曲を聞きながらキーボードを打ち込んでいる。 やはり写真新世紀。僕は今まで様々なコンペディションに挑戦してきた。今年は台湾のアートフェスタWONDER FOTO DAYでキュレーター賞を受賞し、台湾での個展開催の権利を得た。そして絶対に挑戦したかった7thEMON AWARDで全力でプレゼンをしグランプリを受賞し、その後も個展開催に至るまで戦った。もちろん自分自身と。そして、個展開催中に制作していた最新作「Collection」がCanon写真新世紀で優秀賞を受賞した。 むやみやたらではなく、そのコンペディションのテーマ、 なぜ応募するのかという揺るぎない背景と目的を持っていた。 周りからはこういう声も聞いていた「コンペ出しすぎじゃない?」「佳作3回って...」「もうコンペ出すよりか出版でしょ?」などなど。僕は黙っていた。ただ黙ってこの地方で一人制作を続けた。何を言われてもただひたすらに撮っていた。そして写真新世紀で優秀賞を受賞した。今度は「このレベルまできて応募したらあかんで」「何の意味があるん?」「もっと売れる作品にしたら?」今度はそうきたか。でも僕は黙って挑戦をした。何故か?"写真で何ができるだろう""写真でしかできないことはなんだろう?"これだ。それは"僕に何ができるだろう?""僕にしか出来ないことはなんだろう?"こうなる。このドーンとしたメッセージと、2010年の評論家清水さんの応募者に向けたスパッとしたメッ

l i n k

rogo.jpg
g.jpg
15894843_1351267198265175_37462018732274
10906288_315310378663195_312759298077044
13659073_306296146371976_369671177627504
sd.jpg
1560319863524.jpg
mira.jpg
アーカイブ

© 2014 SHINICHIRO UCHIKURA.COM

  • Facebook
  • Instagram

© 2020  SHINICHIRO UCHIKURA.COM