10cmの世界

5000年前、縄文時代の人々がある信仰をしていたと言われる岩崖に行った。車で30分ほどで着く場所だ。外は雨が降っていて霧も凄い。僕はお気に入りの"Jolene"を聞きながらカメラを持ち現地に着く。人気のある観光スポットで雨の中でも観光者がいる。しかし、下に進む道は非常に危なく、少しでも滑ったら海に落ちる。岩だらけの下り坂を降りると見えた。とてつもなく大きな深く高い洞穴とでも言えばいいのだろうか。神々に手を合わせる場所では「ここで振り返ったら龍の形に見えます」そのような看板がある。龍には見えなかった。僕はそこに集中せず、深い、とても深い洞穴の岩達を見つめていた。視界も慣れてきた。海の波は押し寄せてくる。上から落ちてくる水滴は大きく、岩にボジャンと弾け、よく見ると鳥の羽が無数に落ちていた。海から光が差し込む少しの光に照らされたその羽はとても美しかった。気がつけば僕はその場所に3時間ほどいて、ひたすら羽と岩を撮っていた。そして外に出ると人間が愛し合い絡み合うような木がある。その木には10cm程の穴がいくつもある。よく見ると一つの世界があった。その穴の中には真っ赤で生き生きとした蟹が身を潜めていた。「こんなとこに蟹がなぜ?」そう思いながらマクロ設定に切り替え、穴をレンズで塞いだ。蟹は少し逃げた。だが次の瞬間その蟹は大きな爪を振りかざしレンズに向かって立ち向かってきた。レンズは蟹の爪が当たる音でキチキチと響き、僕はひたすら写真を撮った。周りの人々からしたらその写真を撮っている絵は変な光景だっただろう。それにしても5000年前の岩崖も、10cmの木の穴に入る蟹も、全てが力強く説明できないエ

自分とは何か、世界とは何か、宇宙とは何か、そして自分とは何か。

5ヶ月ぶりの台湾の空は相変わらず曇っていた。カメラを持ち飛行機から見える景色は何処にいようが変わらない。大きな空と地上。何も変わらない。それにしても45kgの荷物(作品、写真集)は、とてつもなく重い。常連のコレクターさんは作品を3点購入し、一般の方々は写真集とポストカードを購入していただいた。そして初めて出会う、もう一名のコレクターの方はポートフォリオごと欲しいと言うのでかなり困った。EDは考えていないし、保証書も作っていない、まともな梱包材料もない、値段も考えていない。それを伝えてもどうしても欲しいとのことで2日間悩んで金額を決め購入していただいた。「十一月の星」は男女問わず人気があり完売。「Collection」は男性に人気があるようだ。そして女性で購入してくれる方はかなり見た目も個性的。Collectionも完売。「十一月の星」と「Collection」は全く違う作風だけど、実は繋がっていることを伝えたかった。それを感じとってくれたのが審査員の方だった。そして最後のWFDで僕は受賞までいただいた。 本当に感謝をしている台湾WFD。だからこそ僕は、これから違う世界に羽ばたいていきたい。11月にある中国麗水市アーティスト イン レジデンス。そして現在、制作中の最新作の完結。レジデンスと、現在制作中の新作でツーシリーズの新しい作品="大切な我が子"が出来るだろう。僕は今までになく何も恐れや焦りがない。この地元でただ作品を撮り、それだけに集中できる環境が今更ながら有難たく思っている。 様々な後輩、仲間から相談や、これやったよ。などの、話やメールがくる。それを聞きながら

l i n k

rogo.jpg
g.jpg
15894843_1351267198265175_37462018732274
10906288_315310378663195_312759298077044
13659073_306296146371976_369671177627504
sd.jpg
1560319863524.jpg
mira.jpg
アーカイブ

© 2014 SHINICHIRO UCHIKURA.COM

  • Facebook
  • Instagram

© 2020  SHINICHIRO UCHIKURA.COM