February 27, 2018

日本の若手写真家106名をまとめた書籍「NEW JAPAN PHOTO 5」に、

作品"BABY"が掲載されています。
 


「NEW JAPAN PHOTO5」
仕様:A5サイズフルカラー、上質紙、英語版
発売日:2018年

発行部数:3000部

ページ数:150P

販売定価:3240円(税込)
 
・Amazon
https://www.amazon.co.jp/NEW-JAPAN-PHOTO-EINSTEIN-STUDIO/dp/B0794MC79S/ref=sr_1_3?s=books&ie=UTF8&qid=1516850763&sr=1-3


 

February 25, 2018

数日前から空=上ばかり見上げている。つい最近までは新作で下=地面ばかり見ていたのに、下と上の交差する部分の頭の切り替えをする必要もなく、カメラを切り替えている。望遠レンズとマクロレンズ。空を見上げてカメラを持つのは上のほうの夕方だ、ゴーっと飛行機雲が夕日と月の間に通り過ぎていく。また、木の枝に何の花だかわからないが、したたれ落ちる花など...とても遠くから撮る。いわゆる風景というのをBABY完結に向けて撮影している。心にすっと入ってきているから自然に撮れる。そして新作の下の方は繰り返しのライフワークのようになってきている。これは来年には発表できたらいいと思っている。500点にしてセレクトして100点のシリーズになるはずだ。

ところで僕は今日、転んだ。深い意味もなくただ撮影中に転んだ。机の角に頭をぶつけ...

February 21, 2018

宮崎の僕は薄着のままEMON PHOTO GALLERYに向かった。驚くほど寒かった、それはそうだろう。気が付いたら気温や着替えなど何も考えずに行ったのだから。公開審査の前夜、僕は沢山の食事をとった。そしていつもより沢山のチョコレートも。東京は久しぶりでもないのに、7年間も住んでいたのに、広尾に着くなりそわそわする。そのそわそわは緊張感だろうか、僕が普段感じている心地よい緊張感ではなく、緊張しかない緊張感だった。公開審査の朝、集合時間より無駄に早く着きすぎて余計に寒くなる。でもガラス越しに僕の作品をじっと見る時間ができた。その時間ほんの15分、そしてタバコを2本。なんだか幸せな気分だった。

集合時間になりファイナリスト7名の作家が揃う。搬入の時とはまた違う表情だった。もちろん僕もそうだろう。それで...

February 10, 2018


7th EMON AWARDの展示作業で東京に日帰りで行ってきた。羽田空港に到着後すぐに現地に向かい、EMONスタッフ皆様のご協力で無事に展示ができた。僕はなかなか疲れやすいのか、着いた時にはもうゼーゼー言っていた。そして、ファイナリストの作家さん達と少しの挨拶とお話し、作品も見た。ここでもまた素晴らしい出会いを感じた。改めて写真家であること、ファイナリストに選ばれこの出会いのチャンスを光栄に思った。

僕は個展とは別の発表の場として、Nikonユーナ21/Canon写真新世紀/コニカミノルタフォトプレミオ/清里フォトアートミュージアムヤングポートフォリオ、その他....様々なコンペディションに自分の作品、我が子を抱えるように挑戦してきた。どれでもではなく、目的を持って挑戦してきた。賞を受賞したら...

February 10, 2018

IMA ONLINEにて7th EMON AWARDプレゼンテーション展を紹介してくださっています。

HP:https://imaonline.jp/news/exhibition/20180209-5/#img1

FB:https://www.facebook.com/imaonline.jp/

February 8, 2018

7th EMON AWARDファイナリスト7名によるプレゼンテーション展が開催。
 


会期:2月9日(金)-16日(金) 11:00-19:00
公開審査&結果発表:2月17日(土) 10:30-15:30


※1人(組)20分程度のプレゼンテーション。

質疑応答&審査。当日午後グランプリ結果発表と受賞パーティーを開催。

EMON PHOTO GALLERY
106-0047 東京都港区南麻布5-11-12,togo Bldg.B1
TEL :03-5793-5437 / FAX 03-5793-5414
MAIL:emon_photogallery@emoninc.com
HP :www.emoninc.com

February 2, 2018


"青春が消えていく、でも情熱はいつまでつづくの"
 


懐かしいな、いい曲だよな。音量を大きくしてタバコを吸い、ひたすら車を運転してた。車の窓を少し開け差し込む日差しはとても暖かくて少し眠くなる。外に出ると空は雲ひとつない青空。風はビュービューと冬の冷たさを感じる。今、僕が撮り始めている新作はどのような着地点に行き着くのだろうか、相変わらずそんなことを考えながら、作品を週に一度の休みの中で撮る。一息つき少しの達成感に浸り、夜、作品を見ると同時にステータメントも固まってくる。僕の作品はほとんどそうなんだけど、漠然とした感覚/感情と共に撮りながらステータメントを作り上げていく。新作をPC上で数枚並べたら自分で自分が少し恐くなってしまった。だが、それこそ立ち向かうところだと思っている。死を見つめることは最...

Please reload

l i n k

11a1a8_d4a683bfc36345caa15bc9bb33afb6ce.
1560319863524.jpg
10906288_315310378663195_312759298077044
sd.jpg
mira.jpg

April 26, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

© 2014 SHINICHIRO UCHIKURA.COM