"えげつなく地球がくたばっていく様=生と死の世界"みたいなキャッチーなものが受賞しやすいんだけど、僕の娘は太陽と地球が手を繋いでいる作品

娘が地球温暖化問題での絵の公募展(小さな地元の)でなんと奨励賞をもらう。どうやら地元の新聞記者さんが授賞式の様子を撮影するそうだ。僕は撮影で行けないけど楽しみでしょうがない。そんな娘の絵は普通なら温暖化問題ときたもんなら、"えげつなく地球がくたばっていく様=生と死の世界"みたいなキャッチーなものが受賞しやすいんだけど、僕の娘は太陽と地球が手を繋いでいる作品。その真ん中に人間がいる。特に僕は何も教えないけど「好きなように書きなさい」くらいしか言っていない。照れくさそうな娘を見て僕は何とも言えない嬉しさがじわじわ。そういえば僕は保育園から中学にかけて絵画教室に通っていた。今も思い出すけどその先生はとんでもなくて、酒飲みながら堂々と保護者の前で油絵を教える。僕は先生の絵を気がついたら見慣れていた。毎日のように描き続けたその絵は戦争で人が血しぶきを上げている絵ばかり。書き出すと長くなるから僕のことはこのへんで。




今日の動画は好きすぎる満島ひかり。

化粧品のCMとファイト。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ