ゆるゆる

正々堂々と写真作品で勝負してゆく。

今まで書いたこともないし、他の写真家仲間でも話に値しない内容だが、

キャラクターのみで必死に売ってゆく自称ゆるキャラ写真家はとても悲しい。

そのゆるキャラは、ネタが尽きたらブームで去ってゆくお笑い芸人のように、

あとあと、実力のなさを見抜かれ忘れられていく。

気がついたら、受賞歴、個展歴、雑誌媒体、発表をまるでしていないことに気づく。

大事なのは貴方が忘れられるなど、

どうでもいいことだ。

貴方の作品が忘れられるのが悲しいのだ。

芸術をするなら覚悟を決めないとダメだ。