白いミルク

4月19日全くの嫌なほどの青空。とにかく出来ることは支援物資。

愚痴ではない。

このブログは私の将来に向けた遺書みたいなものだ。

どんな、不平、不満、悪口、

どんな、嫌味、妬み、嫉妬、

全てに対して、私は力強く我慢をする。

その全ての思いを作品に叩きつける。

どこまでいっても作家は一人だし、

どこまでいっても、飢えている。

自分自身を客観的に見る。

全てに感謝をしてゆく。

全ての人間は生まれた時「オギャー」と可愛く鳴く、

純粋無垢な人間なんだ。

今日の文章は特に意味はない。

ただ残しておきたいだけだ。