小さな町と小さな孤独

4月20日空は雲ひとつない青空

海を見ようとタバコ1本ポケットにいれ車からおりる。

嗚呼、今日はなんて美しい日なんだろう。

朝早くにおき、家の庭の手入れをして、

近所の小さな池の鯉にせんべいのような餌を振る舞い、

少しの買い物に行き、 小さな森を抜けた海に行く。

海に行く理由はまるでないが、

気持ちの良いマイナスイオンを求めて行ったわけでもない。

遠くからなんとも切ない鳴き声が海に歩くにつれ聞こえてきた。

10匹以上の猫達が小屋に集合して僕に寄り添ってきた。

もちろん僕のポケットには、 タバコ1本しかない。

餌が欲しいのだろうか?

どうしようか困っていたら、甘えたいだけのようだ。

なでなでとたわむれる。

私も、猫も、大して変わりはない。