オギャー その2

5月7日曇りのち晴れその後に曇り

少しの金髪と白髪が入り混じり、ジーパンにエプロン姿で大きな声で接客をしている。

ここはいつも不思議なコンビニだな。

僕はいつもと同じように100円コーヒーを買い、注ぐボタンを押す。

するとオットセイのような声が、外の駐車場からする。

何か金髪店員と金髪兄ちゃんがもめているようだ。

僕はその様子をボーと見つめる。

あっ、アイスコーヒーが出来上がった!さあ、ショパンを聴きタバコとコーヒ。

素晴らしい朝のスタートだ。玄関を出て、金髪をすり抜け車に乗ろうとすると、

ショパンどころか、怒鳴り声で僕をイライラさせてくれる。

落ち着こう。そう、生まれた時はみんな同じオギャーなのだ。

だが、会話の内容は34年間生きていた中で、

トップクラスに入るくらいどうでもいい内容で口喧嘩をしていた。

アイスコーヒーの氷は溶け、ピリピリ。全く世界は面白い。

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook
  • Instagram

© 2020  SHINICHIRO UCHIKURA.COM