大蛇の痕跡

May 17, 2016

5月17日晴れ
 

 


カチッとした音で、目薬をさし缶で熟成されたコーヒーを飲み、ムシャムシャとガムを噛みながらお気に入りの音楽をドン!!と車内で流しエンジンをかける。
到着地に近づくにつれ雨が降ってくる。空の雲行きもどんよりとして。

干からびた綿アメのようで、車内でのタバコが少し吸いにくい。


カーナビが突然男に話す「000の為通行止めです」男は冷静に別ルートを探す。

だがまたカーナビが「000の為通行止めです」その通行止めに5回出会う。

もはやナビはあてにならず方向音痴+ナビがあてにならない+地図も苦手。


男はある会議時間内に間に合わないとまずい。少し焦る。

少しの脳みそで考えた結果「この道を曲がってみよう」と考えた。
道がどんどん細くなっていき、道路には大蛇の痕跡のような地割れ、

住宅地には全ての屋根にブルーシートがかけられている。
山の様々な大きな木の枝が今にも落ちそうで、恐怖を感じる。


驚くほど周りは静かで人は誰もいない。その時間帯は10時50分頃である。
様々な場所で痛々しい崩れた家を通り過ぎながら、

市内に近づくにつれその男が感じた「恐怖」は薄れていく。


市内中心部の人々は車内から見ると笑顔で、楽しそうなカップルなど

当たり前のような光景があった。その男は安心をした。

その安心とは振り返ると何とも情けない安心であった。


実際に現地に行き、TV、SNS等では分からない、

実際の現場に直面した「恐怖に怯えた男」であった。

帰り道、現地を見た感情で涙が止まらず、そして個展開催の直前の喜びが入り混じり、
どうもこうもない感情に襲われながら。家に着き無理やり眠った。
本日は男が住んでいる町は、晴天で楽な気持ちになっている。

その男は私で、先日に熊本に行った日のことである。

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

April 15, 2020

March 3, 2020