生活は、生活として続く。死ぬまで、続く

June 3, 2016

6月3日快晴

 

ここ最近バタバタしていて久しぶりの遺書になる。

私には素晴らしい作家の仲間がたくさんいる。

今回はgallerymainにて個性派ぞろいの作家の個展が一気にスタートする。

 

写真家中澤氏、カワトウ氏、そして先日から写真家キリコ氏と同時に、

スタートした同期写真家ヨシダミナコ。

 

ヨシダミナコは、私と同じ日本写真映像専門学校卒。

Canon写真新世紀優秀賞受賞作家。夫は画家で夫婦で作家でもある。

その環境の中で、いい意味でヨシダミナコは夫を支えていた。

今回は、その理由が全てではないと思うが9年ぶりの作家活動スタートとなる。

 

スタートといっても、ヨシダミナコは常に写真を撮っていた。

なぜなら彼女にとって「写真=生活」であり、私事が全てだからだ。

 

彼女のブログにこう記載がある。

 

「わたしの役目は、なんだろうか。そんなふうにも感じながら。

生活は、生活として続く。死ぬまで、続く。」

 

まさに、9年間発表していなかっただけの話で、死ぬまで「写真=生活」は彼女にとって切り離せないものだろう。今回のgallerymainでの個展はその集大成が一発目のスタートとなる。

 

まるで僕とは作風は違うが血の匂いがする、

「ぬめりとした美しい写真」は見るものを圧倒する。

 

ヨシダミナコHP→ http://yoshidaminako.jimdo.com

 

gallerymainHP→ http://www.gallerymain.com

 

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

April 26, 2019