LIVE

7月31日(日)晴れ。

「ブログ=遺書=記録=写真=過去⇆未来」を随分休んだ。瀬戸内から始めよう。

今年からSTARTスタートした「瀬戸内国際写真祭」

展示に至るまで、実は相当な精神的ダメージ? 温度差でもない、意思の疎通? 一発目は一発目でもなく、これからがSTARTになるのだろう。 そのSTARTは、BOOK MARUTEの佐藤さん、CITRATE写真家のカワトウ氏、中澤氏の、凄まじい努力のおかげで開催が出来STARTした。

今回の瀬戸内国際写真祭は京都国際写真祭KG+(KG+の話はまた今度。)とは、 まるで違う新たな表現が出来たと確信している。