Phorograph in the Street

September 9, 2016

9月9日 宮崎戻る。秋晴れ

 

 

新宿コニカミノルタ個展開催同時に、僕は渋谷であることをしていた。

7月瀬戸内国際写真祭より野外展示の素晴らしさを感じ、

現在も展示させていただいているが、更に飢えが始まる。

 

その「飢え」とは写真家にとってもっとも大切な「心臓」の部分で、

「飢え」=「打つ」=「紙」=「見せる」になる。

 

その飢えと共に活動できたのは写真家横山隆平氏。

ストリートスナップを撮影し続けている写真家。

僕は横山氏と瀬戸内の開催に至るまで、

また、開催後から様々な「夢」を語っていた。

内容は実にロックで、もっと自由な発表媒体。

 

それはごく自然なところにヒントがあった。

写真はもちろん光で出来ている。

ではその「写真」=「光」を撮る場所はどこなのか?

それは私たちが普段住んでいる

何気ない街並み、旅行、カフェ、全てだ。

 全ての生きる環境の現場で写真作品を撮っている。

 

その現場から切り抜かれた写真群はどうなるのか。

コンペで賞受賞しました。

素晴らしいgalleryで個展を開催しました。

美術館で開催しました。

作品を洋服に、バックにプリントしコラボしました。

出版しました。

SNSで発表してます。

 

どれも素晴らしい発表媒体だしなかなか出来る事でもない。

だが、更に写真家、美術家、評論家、出版社、ギャラリスト以外、

誰もが作品を目に入れる手法はないのか?

 

その手法は、私たちが生きている環境の現場である。

そうなると写真は自由に駆け巡る。額すら邪魔だ。

渋谷に数百枚の枚数で突発的に現れ、

数万人に見られ、自由に雨に打たれ、風で飛ばされ、

ガムをつけられ、携帯で撮られ、欲しい人は剥がしていく。

 

その行為は発表の本質かもしれない。

だからこそ写真の本質は「見る」「見られる」ことだ。

そして、手法はカメラではなく「撮ること」だと確信した。

 

ゲリラ展示を完了した後、

僕は前日のワインの二日酔いが少し残っており、

いつも横山氏と行く渋谷の大衆居酒屋でおにぎり6個を食べ、

大いに「夢」=「目的」を語る。

 

誰もやらないなら、こちらから仕掛ける。

尊敬はするが、

いつまでも大御所写真家にヘコヘコしない。

 

 

 

「PIS(ピス)/Phorograph in the Street=フォトグラフ・イン・ザ・ストリート

写真は閉ざされた空間から抜け出して、再び街へ──。」

 

 

PIS  HP: https://pis.themedia.jp

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

April 26, 2019

Please reload

アーカイブ