マイナス100度の太陽

September 17, 2016

9月17日 ニガウリが育ち台風来そう。

 

 

四畳半の三角座りの孤独ではなく、
四畳半に宝物が詰まっている僕の書斎。

 

仕事を終え食事をし、風呂に入り娘が寝ると書斎に入る。

「いつ作品撮ってるの?」「疲れない?」「何処にそんな時間あんの?」
これは商業ベースのカメラマンからよく言われる。

それがまた、まるで疲れないし、24時間撮っている。

 

むしろ写真が一分一秒と体にいない方が僕は情緒不安定になる。

 

 

一分一秒を最も加速する場所は、
「撮影の現場」「プリント&レタッチの現場」
「発表の現場」「書斎」になる。


自分の作品群に囲まれ、尊敬する作者に囲まれ、
またはライバル心。それは最も集中力を増す場所であり、

もう一つの写真の現場になる。

 

この現場で夜中一人の地方の男は、PCに書き書きとしているのだ。
このような地方の男を客観的に見たら、
たまには同級生と呑みにでも行ってこいよ!と言いたくなる。

だが、ここで見る本、作品、映画、音楽、思想、止まらない。

 

 

話がガラリと変わるけど、
最近では懐メロを聞きすぎてる。


そうだ、そう、そうなのだ。

 

「涙があふれる悲しい季節」は分かるけど
「マイナス100度の太陽みたいに」を教えて。

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

April 26, 2019

Please reload

アーカイブ