犬様

9月19日 台風

おい内倉。私だ、あの時の犬だ。

マイナス100度の太陽だとか、随分君はセンチな奴だ。

私はプラス100度の大地の中でもベロ出してハァハァ生きてやる。

君が書斎なら私は鎖付きの小屋だ。

私、私、私、私事をいつまでも、

君が思っている以上に、君のことは誰も気にしていないのだ。

この私を君は見たはずだ。

私は好きな時に思う存分に吠えるし威嚇をする。

可愛い人間の躾はいつでも無視できるさ。

その時はいつでも、どこでも小便と糞をしてやろう。

私の祖先は狼だ。

そんな私を君に少しだけ見せてやったはずだ。

そして撮らせてやったはずだ。

私は感情で生きている。

君のように生ぬるくないのだよ。

なんだ?ん?君も少し似てるのか?

もっと感情で生きてみろ。

犬様メッセージ

「犬の戦士団」より1枚抜粋。