「肖像」「人間図鑑」


写真展を開催するまでに寝れない日々が続いた。

毎回展示の前は寝れなくなるが今回はまた特別だった気がする。

自分の作品は海外でどう評価されるのか。と。

台湾ではやはり荒木経惟さん、森山大道さんが人気らしい(世界中でそうだが)

昨年のParisでは展示はしたが実際に行くことはできなかった。

なので今回は絶対に行くと決めていた。

Photoイベントでは僕の作品「肖像」「人間図鑑」の作風で撮影との依頼。

実は僕のポートレートシリーズはキッカリと被写体を選んで撮影する。

徹底して選び、衣装を決め、ギリギリの演出をして新たなる人格、

写真に人間を作り出すのが「人間図鑑」だからだ。

となると現地では誰が来るのか、どのような服装なのか、表情は?

まったくゼロの状態から(商業ベースのポートレート)ではなく、

「作品による肖像」を撮るのは今までにない緊張感だったのかもしれない。

だがどこに行っても内倉は内倉で、撮影がスタートしたらエンジンは全開だった。

僕は今年たくさんの経験、出会いで自分がどんどん変化している気がする。

心からそのチャンスと、出会いに感謝をしている。

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook
  • Instagram

© 2020  SHINICHIRO UCHIKURA.COM