台湾写真家Yu-Lun Ho写真集「蝉」


静かな夜。僕は台湾写真家Yu-Lun Hoから頂いた写真集「蝉」をゆっくり見ている。

彼は写真展搬入終了間近にはなんとも可愛いTシャツを着て綠光+marüteにやってきた。

飾らない性格と、まっすぐな姿勢の26歳。僕のアシスタントの杉野と同じ年。

通訳を任されていたのだが、撮影がスタートすると僕は

彼を信用し、いつの間にかレンズ渡し、カメラ渡し、

アシスタントの仕事をしてもらっていた。とても助かって有難かった。

その日、僕は彼から写真集を頂いた。頂いたのだが、

台湾ビール、台湾ビールの連続で見れなかったので、現在、書斎でゆっくり見ている。

↓写真家Yu-Lun Hoより抜粋。↓

「アーティストとしての私は蝉のようだ。蝉は地上では7日間と比べて、私がいかにつまらない生活をしているか表現しているつもりだ。しかし撮り始めて気付いたのは、私がまだ地上にも出ていない蝉かもしれないということだった。

撮影した写真を見た最初の感想は、「私は何をしているんだ?何がしたいんだ?」だった。しかし実際のところ、私は本当に写真を撮っているだけで、ただそれだけだということに気づく。表現するということは全てはここから始まるということに。観客は完成した作品だけを見て、その素晴らしさを語る。しかしその裏にあるアーティストの苦労は見ることができない。」

このYu-Lun Hoの写真集コメントにあるように、

「私がいかにつまらない生活をしているか」=背筋が凍るような生活(私写真)。

「私は本当に写真を撮っているだけで、ただそれだけ」=ただひたすらに撮っている行為。