夢と現実の狭間


すると瞬間的に移動したように「公園」にたどり着く。

たどり着くではなく、着地したような感覚。

その公園はどこにでもある、子供達やお母さん達が微笑ましく過ごす場所。

佳子は夢と現実の狭間。

作品「佳子」より。一枚抜粋

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook
  • Instagram

© 2020  SHINICHIRO UCHIKURA.COM