夢と現実の狭間


すると瞬間的に移動したように「公園」にたどり着く。

たどり着くではなく、着地したような感覚。

その公園はどこにでもある、子供達やお母さん達が微笑ましく過ごす場所。

佳子は夢と現実の狭間。

作品「佳子」より。一枚抜粋

特集記事