犬の戦士団SAKURAその後

November 27, 2016

11月18日 過去に戻る

 

僕は久し振りにSAKURAに会いに行った。

どしりと威嚇する様子はなく、小屋の片隅でくるりと可愛い瞳をし、

うずくまり、曲がり掛けた首と、かすれた鳴き声だった。

 

さて、SAKURA。君から「犬の戦士団」が始まったのだ。

だからこそSAKURAを悲惨に、可哀想に、ましてや可愛く、、

撮影するつもりは全く、まるで、まるで、さらさらない。

 

小屋から出てくる君を僕はじっと待ち、ノシリと出てきた瞬間、

相変わらず僕はソルジャーのように這いつくばり、洋服は土まみれ、

そして君を見上げた、そして君は僕を見下ろす。

クールな写真が撮れたじゃないか。

 

生きていくのだ、カッコよく、美しく、最もクールに。

すべての生命体が狂おしい程に切なく感じる瞬間は、

絶好の写真家生命の継続と、

前も後もない永遠の写真日和だ。

 

撮り下ろしWEB発表

2016最新作2「分離と融合」より「犬の戦士団SAKURAその後」一枚抜粋。

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

April 26, 2019

Please reload

アーカイブ