酔っ払ったviolinist

12月5日 暖かい日差し。

今日は呑んでいる。明日、早朝から出張なんだけど、呑んだ。まるで全部受け止めてやるくらいの気持ち。だけど呑んでいる量は、ほんの少しだ。僕は作家仲間、または気の合う仲間でないと絶対に飲まない。昔は呑んだというか、無理やり逃げるように呑んでいた時代がある。

まあ、なんて美しい女性でしょう。宮本笑里「for」Johann Sebastian Bach「Concerto for Two Violins and Strings, BWV1043」を聞きながら、バッハはジブリ映画に出てきそうな「もふもふしたパン」のようなヘアスタイルだなぁ。。相変わらずチクタクと針は続くのだが、酔っ払ったviolinistのように、右へ左へふらふらとしながら、ある展示レイアウトと、ある展示のセレクトと、ある最新作のコンセプトと徹底的に向き合っている。