Andy!


"蝉の声を聞くたびに目に浮かぶ九十九里浜"

14:15車内から聞こえるのは「林檎」僕の町は南国と言われるだけあって、全然寒くない。台湾はもっと暑いくらいだろうか。また報告する事になるけど台湾が楽しみになってきた。14:15に戻るけど、スコンと抜けた冬の青空はf11、1/300。ISOは400だろうか。そんなスーパーどうでもいい事を久々に思っていた。新しくできた市役所の信号待ちでは、赤いロングコートに赤ん坊を包め抱っこをしながら歩いていたママ様と、黒コートに細身のジーパン姿のパパ様。その赤ん坊様にはf11ほどの太陽光が照らされ、少しの逆光気味の家族が嗚呼とても美しいなぁ、、と、思いながら信号は青に変わり僕はYoshiki classicを爆音に切り替えようかと思っていたら後ろから「プッ」と優しい音で教えてもらったので爆音にはしないで、そのまま車をブーーーーーーーっと、走らせた。

スタジオに戻り仕事を終え、書斎に入り、PCの前に腰掛けるとWEB限定価格作品販売が様々な反響をいただいている。とても有り難い。でも解像度はある程度軽めにしてるけどこのSNSから引っ張り出してプリントしたらいいだけ。それだけなんだけど、それでも僕にオリジナルプリントと額を手配してほしいって方をとても大切にしたい。様々な方がいて撮影してほしいなど、興味を持っていただくのはとても有り難い。そのような事と、仕事と、作品と、自分の新しい方向性を今、//////slash///////もう一回////slash

return

じっくりとプランを立てている。今年だけでなく来年、再来年に向けて自分のプランを立てながら作品化していく作業、じっくりと大切に大切に、それをすればするほど、凄まじい程、自分自身と直面している事に久しぶりに自分で改めて気がついた。清里、コニカ、これがある意味きっかけなのか分岐点に直面している。今このようにブログでも、遺書でもなく、ただのメモのように打ち込んでいる言葉たちはタイムカプセルのように、いやリアルに一週間後に見直したら恥ずかしいだろうな、そんな事、思っている。今日は、やたらと、「、」が多い、とりあえず、映画を、見るとしようか。

作品「犬の戦士団」より一枚抜粋「Andy Warholに捧げる」

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook
  • Instagram

© 2020  SHINICHIRO UCHIKURA.COM