空から糞

21度。青空、夏にも似た雲。朝起きると突き刺さるような日差し。愛車は真っ黒なんだけど、今日は真っ白だった。僕の家は小さな池の近くにある。沢山の桜、虫、カエル、亀、アヒル、最近では猿が出てきている。

警察は必死に捕まえようとしているんだけど、

余裕で「キー、キィー!」と聞こえる。

絶対に捕まる気がしないんだろうなぁ。そんなご近所だ。

真っ白はどうやら鳥の糞らしく、その垂れ流し方ときたらもう絵画調だ。

いや、もう頭が飛んでる書道家のようだ。

車庫がキチンとあるのにいつこんなアートをしたのだろうか。

まるでゲリラアートだ。

その正体はカラスなのか、スズメではないだろう。。鳩か?

そんな事を早朝3分くらい考えていた。

結構そのゲリラアート(糞)を気に入ってしまって、

そのままにしていたんだけど冷静に考え、

このゲリラーアート(糞さま)は、やはりまずいかなと思って洗車をした。

その後、ゲリラアート(空から糞さま)は跡形もなく消えていた。

余りにもクールだったので記録しておく。

さて、清里、大阪、東京、海外。どう駆け抜けていくか、

最近かなり集中してプランを完成させた。

独自性こそ感性であり、独自性は人間性であり、

その人間は人と人との繋がりが最も大切ならば、

更に独自性ある写真に磨きをかけてく。

言葉(コンセプト)だけが達者で言葉と写真が的外れの写真。

"空から糞"の方がよっぽどアートだ。

・作品「犬の戦士団」より一枚抜粋「ブルブル」

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook
  • Instagram

© 2020  SHINICHIRO UCHIKURA.COM