生きている限り燃え続けていく

December 30, 2017

撮る=発表する。写真に限らず芸術の本質は自身と世界の追求と見せるという事が本質だと思っている。その中で今年は作品BABYと犬の戦士団を発表してきた。台湾WFD/KG+Award/清里フォトアートミュージアム/中国"the 2nd Ningbo International Photography Week "/BLOOM GALLERY。その過程では様々な素晴らしい出会い、そして出会いによる様々な有難い学びや物事もあった。


ある方が僕に言ってくれた言葉がある。


"36歳はそんな時期、何もかも順風満帆にいかない。それは野心家であればあるほど、悩む時期で、だからこそ大事な時。自分自身の内面に深く向き合うのです。自問自答を深く、深く、でも諦めないで前に進むことです。"


そう、僕はまだまだ沢山の学ばなければいけないし、自問自答もしなければならない。だが僕は前に進む。それが無謀だろうがなんだろうが前に進む。なぜかって、人間はいつ死ぬかわからないからだ。これは今年身近な方の死に直面して思ったことだ。だから僕は写真を撮るし、発表する。僕は頭のいいアーティストにはなれない。てことは、僕はやっぱり無謀でも突っ走ること。それが全てで、作品においても活動においてもそれこそが僕の本質だ。写真そのものが僕で、僕自身が写真なんだから、迷いはない。


前のブログでも書いたが、僕はようやくBABYから抜け出して新たな新作を撮影している。


そのシリーズは父と薔薇から始まった。
徹底して生きている限り燃え続けていく。

2018がもう直ぐ始まる。


 

 


 作品"BABY"より一枚抜粋。

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

March 3, 2020

April 26, 2019