酒 / TV / 脳 / 心

January 21, 2018

酒をやめてもう2年になる。もちろん呑むべき時は、ほんの少しだけ呑んでいる。でも1年に2回程だ。もう昔のようにガバガバ呑んではいない。家でも呑まない、呑みにも出ない。なので夜も外に出ることもない。
 

 

 


酒を呑むと気持ちがいい/強い気持ちになれる/嫌なことを忘れられる/楽しい/普段とは違う自分になれる。僕はそこに大きく違和感を感じた。(もちろん他の人がそうだということではなく、自分の場合の話。)酒で脳や心がそうなるのであれば、普段シラフの時はどうなのか?と。だから僕はいっそのこと辞めた。そしたら24時間シラフの自分なのだ。そこには酒の力を借りて自分が大きくなることもない。寂しさや、孤独や、怒りを爆発などもない。なので全てシラフで全部を受け止めている。真っ向勝負で行くなら酒すらやめてやろうと思ったからだ。

そして昔から僕はTVも見ない。TVに脳が支配されたくないからだ。酒、TV、これらに支配されるなら、僕はそこを全て削除し自身にただひたすらに向かう。そして作品にただ向かっている。どうだろう、なかなかつまらない男なのかもしれない。だが、僕は今までになくシラフで本気で向かうべき道に向かっている。

2月までもう少し、僕は突き詰めて全てを解き放つ。
その時は素晴らしい気持ちのまま、お酒をグラス1杯だけ味わって呑もうと思ったりする。



 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

April 26, 2019

Please reload

アーカイブ