51分37秒

夕方ほんの30分〜1時間の間に空をひたすら見ている。どんどん月が満月になってきている。車で移動し"追いかけても、お追いかけても逃げていく月のように"そのようなフレーズではないが、追いかけては捉える。その写真は今までに僕にないものだろうけどBABYに新たなる命を与える重要な鍵になっている。

限られた時間なので外に出て歩く暇はなく、車内でポイントを決めてはバシャバシャ撮っている。もっと宇宙を感じたい、もっと命を与えたい。いまある作品にその命を与える行為は僕とBABYの結びつきをもっと深めていくことのようだ。それはとても暖かく心にズバッとくる。 今日は51分37秒の間でとても素晴らしい撮影が出来たような気がしている。 空を見上げると思うのだ、なんて僕の考えはちっぽけで、まだまだ小さいものだって。 それは高層ビルがない地方なら更にそう思うだろう、なぜかって空しかないんだから。 51分37秒 月を追いかけた。 海に行っていた。 夕焼けを突き抜ける飛行機を見た。 大きな煙突も見た。 さて。 ますます面白くなってきた。

今日の画像は石+貝殻の化石様 僕の宝物の一つだ。

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook
  • Instagram

© 2020  SHINICHIRO UCHIKURA.COM