その蹴りときたら実に美しく我武者羅


僕は昔から1日一回寝る前に映画を必ず見る。でも映画館は嫌いだ。窮屈、周りの鳴き声、笑い声、ポップコーンの匂い、むしゃむしゃ....、映画に興味を示さないカップル同士の空間。タバコ吸えない。僕の唯一の趣味だろうか、映画を邪魔されたくないから映画館は嫌いだ。新作が出ても僕はじっと一年間待つ。まるで遠距離恋愛だ。そしてレンタルされたら借りて書斎のソファでジュース、コーヒー、タバコをやりながら大いに見る。照明は暗く落とし、誰にも邪魔されない空間。周りには写真集たちと僕の作品達がある。見るのは基本、子供達が寝た後だ。そんな中、最近久しぶりに見たくなった映画「カメレオン」を見た。かっこいいな、藤原竜也は何やってもキマる役者だ。そのバイオレンスな映画で気がついたことがある。実は、映画「英二」長渕剛・映画「カメレオン」藤原竜也・映画「JOKER」JOKERの蹴りの仕方がそっくりなのだ。三人とも体が細く身長も高く脚も長い。その蹴りときたら実に美しく我武者羅だ。

僕は今、全てを受け止めている。どんな声も素面で受け止める。その人の気持ちを考えながら。別に悟りの道でもなく"何故この人はこんなにもしつこく言ってくるのだろうか?"その人の気持ちになって冷静に考えている。そして受け止めイエスではないけど、大きな海のような気持ちで、マリアでもないけど、「大丈夫ですよ」と、ただ一言。言ってあげたい。

落とし所のないブログだ。

大目に見てほしい。

さて僕は写真集入稿ギリギリまで新作を撮る。そして個展開催ギリギリまで新作を撮る。終わっても撮る。この最新作は三年間は続けるつもりだ。

JOKERみたいに踊りながら突き進んでやる。そんな気分だ。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook
  • Instagram

© 2020  SHINICHIRO UCHIKURA.COM