ただひたすらに撮ってしまえ

何も考えるな

僕の目の前に飛び込んできた被写体は

僕が何者かさえ忘れさせていた

それは確かに生きていた