©Shinichiro_Uchikura001.jpg

【「私の肖像」写真集販売スタート】

 

購入は赤々舎リンク先にてお願いします↓

購入先:http://www.akaaka.com/publishing/shinichiro-uchikura.html

一般発売日:2020年10月14日

写真集「私の肖像」

2020年10月2日 初版発行

Size:210mm × 257mm 
Page:120 pages 
Binding:Hardtcover 

価格:5,000円

著 者 —内倉真一郎

寄稿 —— 小林美香 

     Joanna Fu

アートディレクション― 町口景(MATCH and Company Co., Ltd.)

編 集—姫野希美

翻訳 越冰清

パブロ・フィゲロア(作品リスト・著者略歴)

発行人 姫野希美

発行所 —— 株式会社 赤々舎

〒604-8234 京都府京都市中京区藤西町 584番地2

http://www.akaaka.com

印刷・製本 —  日本写真印刷コミュニケーションズ

プリンティングディレクション 一戸田茂生

進行 吉田真治

© 2020 Shinichiro Uchikura

© 2020 Akaaka Art Publishing, Inc.

ISBN 978-4-86541-123-2 C0072 Printed in Japan

本書の無断転写、転載、複製を禁じます。


※写真集、個展の告知&トークイベントをしてくださった皆様。誠に有難うございます。


●美術手帖/IMA/澎湃新闻/ 写真新世紀/清里フォトアートミュージアム/ 写真表現ラボNagy / MILA ONLINE GALLERY / 日本写真映像専門学校/ PHaT PHOTO / KANA KAWANISHI GALLERY/BLOOM GALLERY / eN arts Gallery / アートプラザスタジオ / 赤々舎/ 浅田政志氏。

【 トークイベント開催 】

・2020年9月27日(日)
内倉真一郎(写真家)× 姫野希美(赤々舎・代表)× 町口景(アートディレクター)
河西香奈(モデレーター/ KANA KAWANISHI GALLERY ディレクター)

・2020年10月11日(日)
写真表現ラボNagy×内倉真一郎(写真家)

・2020年10月29日(木)
内倉真一郎(写真家)× 浅田政志(写真家)+ 河西香奈(モデレーター/KANA KAWANISHI GALLERYディレクター)

▼写真集「私の肖像」購入先リスト一覧。

・赤々舎:http://www.akaaka.com/publishing/shinichiro-uchikura.html

・Amazon:https://www.amazon.co.jp/私の肖像/dp/4865411232

・shashasha:https://www.shashasha.co/jp/book/my-portrait

・NADiff

・蔦屋書店代官山店
・青山ブックセンター
・銀座蔦屋書店
・梅田蔦屋書店
・精文館
・東京堂書店
・紀伊國屋書店(梅田本店、さいたま新都心店)
・大垣書店(イオンモールKYOTO店)
・蔦屋書店(ひたちなか店)
・喜久屋書店(阿倍野店)
・ブックファースト(新宿店)
・ブックスルーエ
・ちくさ正文館
・BOOKMARUTE 
・MARUZEN&ジュンク堂書店(札幌店、梅田店)
・オリオン書房(立川ノルテ店)
・ジュンク堂書店(池袋店、吉祥寺店、渋谷店、大阪本店、難波店、那覇店、新潟店、福岡店、三ノ宮駅前店、大分店) 
・丸善(丸の内本店、お茶の水店、博多店、ラゾーナ川崎店、八尾アリオ店)
・KANAKAWANISHIGALLERY
・BLOOM GALLERY
・eN arts GALLERY
・アートプラザスタジオ

▼所蔵リスト

東京都写真美術館

清里フォトアートミュージアム

1.jpg
2.jpg

日本写真映像専門学校にて1名の面接ともう1名は面談。そして表現コースのみのフォトレビューをいたしました。これから本格的に写真表現を志す生徒は一生懸命。こころばかりですがグランプリと優秀賞を決めて景品をプレゼントしました。表現コースの皆さん。頑張ってくださいね!

日本写真映像専門学校↓

https://www.shasen.ac.jp/navi/graduate/5451

4J2A0482.JPG

2021年 公益社団法人 日本写真協会 会報・480号ブックレビュー。

IMG_9733.jpg
9.jpg

【 KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY 個展開催 】

-  内倉 真一郎 新作個展「私の肖像」開催 -

■会 場:KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY

     〒106-0031 東京都港区西麻布2-7-5 ハウス西麻布 5F

■会 期:2020年9月26日(土)~ 2020年11月7日(土)

■開 廊:水〜金 13:00〜20:00|土 12:00〜19:00 (日・月・火・祝休廊)

■TEL:03 5843 9128 

■HP:http://www.kanakawanishi.com/exhibition-ph016-uchikura

 

オンライントークイベント

 

■日 時: 2020年9月27日(日)19:30〜20:45(予定)

■場 所: YouTubeライブ配信(無料/どなたでもご視聴いただけます)

■登壇者: 内倉真一郎(写真家)× 姫野希美(赤々舎・代表)× 町口景(アートディレクター)

        河西香奈(モデレーター/ KANA KAWANISHI GALLERY ディレクター)

>>配信ページ<<

(YouTube画面が開きます)

 

登壇者プロフィール

姫野希美(ひめの・きみ)

出版社 赤々舎代表取締役、編集者。2006 年に赤々舎を設立。

写真集、美術書を中心に200冊余りの書籍を刊行。第33回木村伊兵衛写真賞の志賀理江子『CANARY』、岡田敦『I am』、第34回同賞の 浅田政志『浅田家』、第35回同賞の高木こずえ『MID』『GROUND』、第38回同賞の百々新『対岸』、第40回同賞の石川竜一『絶景のポリフォニー』『okinawan portraits 2010-2012』、第43 回同賞の藤岡亜弥『川はゆく』などがある。2018年より大阪芸術大学教授。-​

                         

                          -------------

町口景(まちぐち・ひかり)

1975年神奈川県生まれ。アートディレクター、デザイナー。

兄である町口覚が主宰するデザイン事務所MATCH and Companyにて、数々の活動をする。

岡田敦『I am』、名越啓介『SMOKEY MOUNTAIN』他、石川竜一『絶景のポリフォニー』他、アントワーヌ・ダガタ『赤穴』、ヨーガン・テラー×荒木経惟『Araki Teller, Teller Araki』、川島小鳥『つきのひかり あいのきざし』他、東京五輪・パラリンピック公式誌『GO Journal』など、多くの写真集や雑誌を手がける。マグナム・フォト『マグナム創設の原点』、立木義浩『1959~2019年 時代』などの写真展、宇多田ヒカル『初恋』他、星野源『Same Thing』などのCD・LPのアートディレクションなど、活動は多岐にわたる。


日本語内倉真一郎個展私の肖像プレスリリース-1.jpg

GALLERYより抜粋。

「KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHYは、写真集『私の肖像』(赤々舎)の刊行を記念し、

2020年9月26日(土)より、内倉真一郎個展『私の肖像』を開催いたします。

 

黒い背景の前に立つのは、撮られることを職業としない、一般の人々。自然光の元で何百枚と連写撮影を重ねるなか、

そんな彼らの得も言われぬ存在感が放たれる瞬間を、内倉は写真に捉えていきます。

 

被写体が人生を通し重ねてきた「既知の個性」を写真に投影することが良いポートレート写真の定義であるとすれば、

本作はそれとは異なるのかも知れません。手法的には極めて王道的なポートレート写真でありながら、

その一枚一枚には独特の質感が伴い、写真だけが捉えられる特有の「気配」を内に湛えながら、

鑑賞者を不思議な世界へと惹き入れていきます。

 

本展では、プリントを鑑賞することでこそ体感できる、奥深い肖像写真の世界を繰り広げます。

会期に合わせて刊行される写真集と合わせ、是非ご期待頂けましたら幸いです。」

s.jpg

アーティストステートメント

「私の肖像」

 

私は写真館で働いている。

記念写真を撮り、その後、お客様にお願いをして作品を撮る。

あるいは、こちらから声をかけて撮影を行ったり、静かな場所でじっと人が来るのを待ち撮影する。

太陽光の下で黒いステージに立つあなた。

指示もしていないのにカメラ目線になったり、私に笑顔を見せたり、マスクを外したりする。

私は、約5分から10分の間に、500カットから1000カットの連写撮影を行う。

すると思いもよらない、無意識の中にある表情が写真に現れてくる。

それは、肉眼では確認できないさらけ出された表情、あるいは体の原始的な微妙な仕草。

 

私は撮り、選び、プリントする時に思うことがある。

大量のカット数の中から「あなた」をセレクトしていく過程では、

撮れた確信なるものが、その後のセレクトで消えることもあり、

撮れなかったかもしれない状態で、新たな「あなた」に出会うこともある。

もしかしたら誰しも、今の自分は絶対の存在ではなく、

無数の自分というものを秘めているのではないだろうか。

 

私は自己をレイヤーのように「あなた」に重ねる。

拡散され融合されたモノクロームから浮かび上がる「あなたと私」。

それは、一枚の写真となり、二度と出会うことのない未知の存在のようだ。

「私の肖像」は連写から生まれた彫刻のように、蓄積された「あなたと私」との愛の関わりである。

 

内倉真一郎

ura_K_2.jpg

アーティストプロフィール

内倉 真一郎 (うちくら・しんいちろう)

 1981年、宮崎県生まれ。日本写真映像専門学校(大阪)卒業後独立し、現在は宮崎県にて活動。

主な個展に『十一月の星』(2018年、EMON PHOTO GALLERY、東京)、『犬の戦士団』・『十一月の星』(2018年、居藝廊G.GALLERY、台湾・台北)、『PORTRAIT』(2017年、BLOOM GALLERY、大阪)など。

主なグループ展に『第8回大理国際写真祭』(2019年、中国・大理)、『My Body, Your Body, Their Body』(2019年、KANA KAWANISHI GALLERY、東京)、『第2回寧波市国際写真祭』(2017年、中国・寧波)、『YP』(2017年、清里フォトアートミュージアム、山梨)など。

主な受賞歴に第41回キヤノン写真新世紀優秀賞 (2018年澤田知子選)、 第33回・34回・36回キヤノン写真新世紀佳作 (2010年清水穰選、2011年大森克己選、2013年椹木野衣選) 、第7回EMON AWARDグランプリ (2018年) 他多数。作品集に『十一月の星』(2019年)、『Collection』(2019年)など。2020年9月、新作『私の肖像』を赤々舎より刊行予定。

SNSDM.jpg

【 私の肖像 / BLOOM GALLERY個展開催 】

大阪BLOOM GALLERYにて新作『私の肖像』個展を開始いたします。KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY(西麻布)にて開催した巡回展開催です。

▼BLOOM GALLERY文章抜粋

「ブルームギャラリーは、写真集『 私の肖像 』(赤々舎)の刊行を記念し、12月5日(土)より内倉真一郎展「 私の肖像 」を開催いたします。2018年に開催した「 十一月の星 」に続き、ブルームギャラリーでは2年ぶりの個展となる本展では、内倉真一郎が様々な人と向き合い、何百枚と連続して撮影する中で捉えたポートレート作品が展示空間を包みます。自然光と黒い布を背景にシンプルな手法で撮影された肖像写真は、被写体自身も意図しない妖美な表情を捉え、わたしたちに「自分」とは何かを問いかけます。写真集とも異なる被写体との出会いを会場でお楽しみください。」


■BLOOM GALLERY展覧会情報
内倉真一郎 " 私の肖像 " 
会期:2020年12月5日(土) - 12月26日(土) 
会場:BLOOM GALLERY
大阪府大阪市淀川区新北野1-11-23
TEL:06-6829-6937 
営業日:水曜日から土曜日 13:00 - 19:00
※その他の日月火曜日はアポイントメント制
HP:http://www.bloomgallery103.com
協力:KANA KAWANISHI GALLERY


 

・BLOOM GALLERY

http://www.bloomgallery103.com

・KANA KAWANISHI GALLERY / NEWS

https://www.kanakawanishi.com/news

・キヤノン写真新世紀

https://global.canon/ja/newcosmos/news/#ArtistInformation

・赤々舎 / Twitter

https://mobile.twitter.com/AKA.../status/1333075036597481472

・日本写真映像専門学校

https://www.shasen.ac.jp/navi/graduate/5163


▼アーティストプロフィール
内倉真一郎 | Shinichiro Uchikura 
1981年、宮崎県生まれ。日本写真映像専門学校(大阪)卒業後、アートプラザスタジオにて勤務。その後、独立(東京)。現在は宮崎県にて活動。主な受賞歴に第41回キヤノン写真新世紀優秀賞 (2018年澤田知子選)、 第33回・34回・36回キヤノン写真新世紀佳作 (2010年清水穰選、2011年大森克己選、2013年椹木野衣選) 、第7回EMON AWARDグランプリ (2018年) 他多数。作品集に『十一月の星』(2019年)、『Collection』(2019年)など。2020年に新作『私の肖像』を赤々舎より刊行。主な個展に『私の肖像』(2020年、KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY東京)『十一月の星』(2018年、EMON PHOTO GALLERY、東京)、『犬の戦士団』・『十一月の星』(2018年、居藝廊G.GALLERY、台湾・台北)、『PORTRAIT』(2017年、BLOOM GALLERY、大阪)など。主なグループ展に『第8回大理国際写真祭』(2019年、中国・大理)、『My Body, Your Body, Their Body』(2019年、KANA KAWANISHI GALLERY、東京)、『第2回寧波市国際写真祭』(2017年、中国・寧波)、『YP』(2017年、清里フォトアートミュージアム、山梨)など。


 

IMG_4581.JPG

【 月刊アートコレクターズ】

2020年12月号月刊アートコレクターズ。「今注目の写真作家」に選んでいただき掲載させていただいております。とても有難いです。大御所の写真家から様々な写真家特集です。書店、HP、Amazonで購入できます。ぜひご覧下さい。

https://www.tomosha.com/book/b552383.html

1.jpg

【EMON Archives / 2021・SHINICHIRO UCHIKURA】

EMON,Inc.さまから2021年に写真家内倉真一郎のアーカイブ映像が放送されます。早い告知ですが、他のアーティストの方々のArchivesが見れますので、ご覧下さい。内倉の詳細はまた報告させていただきます。※文章抜粋「EMON Archives は『飽くなき探究心を抱く写真家・アーティストに出会いたい』をコンセプトに新進作家をフォーカスするキュレーションメディアです。作家の素顔に迫るドキュメンタリーを地球の裏側まで届けたい。エモン・フォトギャラリーの新たな挑戦の始まりです。」※画像をクリックしたら映像が見れるようになっております。

s.jpg

【  母校の秋  】 

10月の日本写真映像専門学校講義。 営業写真館コース、写真表現コースに分けて講義をさせていただきました。 それぞれ頭を切り替えながらの講義も楽しく、 教員の根岸先生、田中先生とのトークも新鮮で楽しかったです。 また、写真集も購入してくださり有難うございました。 2年生は就職が決まっていき、卒業制作に力を入れていく。 その姿を見ていると、とっても嬉しかったです。 関西で大暴れする母校の卒業制作展が楽しみです。

AS.jpg

【 内倉真一郎(写真家)× 浅田政志(写真家)】

写真家 浅田政志氏とオンライントークを開催いたします。

https://www.youtube.com/watch?v=1mSPbYRNDBU

 

浅田先輩とは日本写真映像専門学校からの先輩です。

どのようなトークになるのか、お楽しみください。

 

↓詳細になります。

▼オンライントークイベント

・日時:2020年10月29日(木)20:00〜21:00(予定)

・場所:YouTubeライブ配信(無料/どなたでもご視聴いただけます)

・登壇者:内倉真一郎(写真家)× 浅田政志(写真家)+ 河西香奈(モデレーター/KANA KAWANISHI GALLERYディレクター)

*本編: 20:00〜20:45頃

*Q&A: 20:45〜21:00頃→チャットで質問を受け付けます。

ご自由にご参加下さい!

 

▼内倉真一郎 個展『私の肖像/My Portrait』

・会期:2020年9月26日(土)~ 2020年11月7日(土)

・会場:KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY        

 東京都港区西麻布2-7-5 ハウス西麻布5F       

 TEL: 03-5843-9128 ・開廊:水曜日〜金曜日 13:00〜20:00     

 土曜日 12:00〜19:00 (日・月・火・祝休廊)

・詳細:http://www.kanakawanishi.com/exhibiti...

 

▼内倉真一郎 写真集『私の肖像』  

2020年10月2日(金)発売  赤々舎刊 http://www.akaaka.com/ 

■登壇者プロフィール

■内倉 真一郎 (うちくら・しんいちろう) 1981年、宮崎県生まれ。日本写真映像専門学校(大阪)卒業後独立し、現在は宮崎県にて活動。主な個展に『十一月の星』(2018年、EMON PHOTO GALLERY、東京)、『犬の戦士団』・『十一月の星』(2018年、居藝廊G.GALLERY、台湾・台北)など。主なグループ展に『第8回大理国際写真祭』(2019年、中国・大理)、『My Body, Your Body, Their Body』(2019年、KANA KAWANISHI GALLERY、東京)など。主な受賞歴に第41回キヤノン写真新世紀優秀賞 (2018年澤田知子選)、 第33回・34回・36回キヤノン写真新世紀佳作 (2010年清水穰選、2011年大森克己選、2013年椹木野衣選) 他多数。2020年9月、『私の肖像』を赤々舎より刊行予定。 https://www.uchikurashinichiro.com/

■浅田 政志(あさだ・まさし) 1979 年、三重県生まれ。日本写真映像専門学校在学中の課題をきっかけに自身を含めた家族写真をセルフタイマーで撮るようになる。写真集『浅田家』(赤々舎)で2009年に第34回木村伊兵衛写真賞を受賞。2020年は『浅田家』、および『アルバムのチカラ』(赤々舎)を原案とした映画『浅田家!』が公開され、10年ぶりの作品集となる『浅田撮影局 まんねん』(青幻舎)と『浅田撮影局 せんねん』(赤々舎)を同時刊行した。 http://www.asadamasashi.com/

13659073_306296146371976_369671177627504
13659073_306296146371976_369671177627504

【 写真表現ラボNagy】

写真家キリコさんが主宰する「写真表現ラボNagy」。今回、講座をさせていただけることになりました。ワンコイン(500円)で、制作に関すること全てオンラインでお伝えさせていただきます。(僕流のやり方です)リンクを見ていただき、興味があれば是非!ご参加くださいませ。


【 写真表現ラボNagy 】

写真家・内倉真一郎 特別講座

「アート写真としてのポートレイト」
【日時】10月11日(日)19:30〜21:00
【定員】30名(最小開講人数3名)
【参加費】¥500(税込)

▼文章抜粋
「オンライン授業(1枠:90分)です。「ポートレイト」の手法を使い数々の作品を生み出してきた内倉真一郎氏のオンライン特別講座を開催いたします。普段写真館でプロカメラマンとして働く内倉氏が、アート写真としてもポートレイトを選ぶ理由やその撮影方法、またポートレイトに写ると信じることや、影響を受けた作家など、色々聞いてみたいことが沢山あります。この度新作「私の肖像」を赤々舎から出版される内倉氏の貴重な話が聞ける機会をお見逃しなく!※こちらの講座を受講して写真集を購入される方は500円割引させて頂きます。」

https://nagyphoto.thebase.in/items/34308738

IMG_8317.JPG

【 2020.SHASEN Art Festival 】

日本写真映像専門学校主催 SHASEN Art Festivalに新作「私の肖像」を数点出展してます。

展示作家は学校からの卒業生から20名ほど。大先輩の鋤田 正義 /桑島秀樹/北 義昭 /浅田 政志など。
詳しくはこちら↓をクリックしてください。
https://www.shasen.ac.jp/navi/graduate/4941

日本写真映像専門学校
開催期間:9月1日(火)〜10月31日(日)
TEL: 06ー4700ー3820

a002.jpg

購入先↓

https://www.uchikurashinichiro.com/product-page/文庫-まなざしに掛かる言葉-ー写真前夜ー-の複製

まなざしに掛かる言葉 ー写真前夜ー

<往復書簡・対談>

内倉真一郎 / 横山隆平

ISBN xxx-x-xxx-xxxxx-x

文庫 180頁

定価 1500円(本体価格)税別

発行 PIS

 

目次

序文 内倉真一郎

往復書簡 二〇一七年

第一回 表現者としてのナルシシズム

第二回 モノクロームとカラー

第三回 デジタルというもの

第四回 写真家はもっと自分の写真を責任を持って発表しなければならない

特別収録 内倉真一郎 x 濱口栄(日本写真映像専門学校 校長)

写真を巡る雑記  横山隆平

PIS ゲリラ展示の記録 Photograph in the STREET

対談  二〇一七年 十月二十日

展示記録集

往復書簡 二〇二〇年 あれからの三年

 

写真対談集

2017年に行われた内倉真一郎と横山隆平による往復書簡を元にした写真対談集。

それぞれの写真についての考えやエピソードが現在視点から語られる。新たな往復書簡を加え2020年9月発売。

2020summer1000px.jpg

「SHASEN NEWS 2020 Summer号」

日本写真映像専門学校にて年に4回発行している「SHASEN NEWS」。卒業生のご活躍や、在校生の様子などを本校の資料請求者に、お知らせする冊子。新作「私の肖像」出版について、掲載させていただきました。

こちらのHPをご覧ください。

https://www.shasen.ac.jp/news-archive/

MKZ_0682.JPG
MKZ_0722.jpg

【 日本写真映像専門学校 講義 】

7月16日、日本写真映像専門学校にて講義を開催しました。今回は1年生、2年生、夜間コースそして「表現コース」「営業コース」それぞれが、ジャンル関係なく「写真の力」と「言葉の責任」を持って、いい意味でライバル意識を高めプレゼンテーションをしてもらいました。そして目的は「写真って楽しいよ」「辛いけど楽しい」そんな単純な事。それを改めて知って欲しかったです。これから就職活動、卒業制作、様々なイベント等の全てを写真を通じて楽しんでほしいです。それは大好きな写真をしているからこそ、そう感じてほしいと思いました。濱口校長を始め教職員の皆様、有難うございました。

詳細はHPにて→ https://www.shasen.ac.jp/navi/graduate/4802

AE.jpg
20200115EmonNewsLetter_jp.jpg
03.jpg

【 EMONON PHOTO GALLERY 個展開催 】

- 中止になりました -

※延期はありません。中止です。

- 写真家 内倉 真一郎 新作個展「私の肖像」開催 -

【 いま注目すべき10名の写真作家達 】

会場:EMON PHOTO GALLERY
会期:10月21日(水)- 10月31日(土)
時間:11:00-19:00(土曜は18:00まで)
休館日:日曜・祝日
106-0047 東京都港区南麻布5-11-12,togo Bldg.B1
TEL  :03-5793-5437
MAIL:emon_photogallery@emoninc.com
HP  :https://www.emoninc.com/chainreaction

 

 

【 11名の写真作家達によるグループ展 】

- 中止になりました -

延期はありません。中止です。
会場:EMON PHOTO GALLERY
会期:12月16日(月)-12月25日(水)

【 日本写真映像専門学校 特別講義 】

 

日本写真映像専門学校にて午前〜夕方まで特別講義を写真学科1年生&2年生にさせていただきました。

仕事、作品、個展、グループ展、海外出展、自己プロデュース。そして黒布とガムテ、自然光のみでポートレート実習。人物撮影と光の可能性を探る撮影をしてもらい私も撮影し、その後それぞれ20分間のみレタッチをしてもらいプレゼンテーションを開始。緊張気味の生徒はプレゼンテーションを終えた後、一皮むけた表情になっていて美しかったです。その後は皆様の作品を拝見させていただきました。日本写真映像専門学校は様々なジャンル撮影。そして一人一人丁寧に就職に向けた指導をしている学校です。
朝から夕方過ぎまで校長先生、教員の皆様大変お疲れ様でした。心から感謝いたします。https://www.shasen.ac.jp/navi/event/4414

153A1634.jpg
生態城市展覽計畫(中英對照-藝術家)0908-1.jpg

【 Ecological city and Art Exhibition Project 】
"ust what is it that makes today‘s homes so different difficult, so appealing appalling?"

北京達美美術館にて12月6日-1月6日まで生物與廢棄物をテーマに作品「Collection」の出展ご依頼をいただきました。Collectionシリーズから10点作品を出展、販売も美術館にて行います。キュレーションしてくださる方は、台湾のキューレター楊雅翔|Yang, Ya-Siangさまです。このような貴重な展示のご依頼ありがとうございます。北京にお越しの方は展示期間も長いので是非、お越し下さい。


【 Ecological city and Art Exhibition Project 】

- Chinese Art Exchange Association Wonder Foto Day -
・北京達美美術館 Beijing Damei Art Museum 
・Time:2019.10-25-12.15 (predict)
・Venue:達美美術館 Damei Art Museum
・Site: http://www.dameicentralplaza.com/art-8.html


・Artist:Cody Ellingham、Jaakko Kahilaniemi、One One &One、
アキイノマタ、內倉真一郎、走路草農/藝 團、吳偉民、李炳曄、長谷良樹、
陳家翊、陳漢聲、 曾彥翔、張致中、羅晟文、張瓊如、周明誼、郭劍、 李鑫宇

・Curator:尹子丹、楊雅翔、簡麗庭
Yim, Zi-Dan、Yang, Ya-Siang、Jian, Li-Ting

・藝術家與議題:生物與廢棄物
Artist and issue : biology and waste tings"Collection"


2019 E.C.A.E.P Curator team All rights reserved 
2019 生態城市與藝術展覽計畫策展團隊版權所有。

生態城市展覽計畫(中英對照-藝術家)0908-8.jpg
dma.jpg

【 Contemporary Photography & Video Art Salon 】
 

台湾台北で開催されるアートフェア「夏季當代攝影沙龍展」に作品"Collection"を8点出展します。今年の春、台湾で開催されたWFDの受賞者展として出展のご依頼を頂きました。とても嬉しく思います。また、このアートフェアは作品販売もされます。作品"Collection"は513×624mmでED10になります。台湾の皆様ぜひお越しください。
 

【 Contemporary Photography & Video Art Salon 】

 

・VIP Preview & Opening Reception

(only VIP & artist)

August 23

11:00 - 18:30 VIP Preview

18:30 - 20:00 Opening Reception

・Public

August 24 - 25

11:00 - 18:30

HP: https://www.auctioncentertaipei.com/collection_list

1560319863524.jpg

【 2019 第8回大理国際写真祭 ——日本影像新世代联展 "Hai, Dozo!"Dali International Photography Exhibition A new generation of Japanese Photographers 】

上海在中のキュレーターJoanna FUからオファーをいただき第8回大理国際写真祭に作品「Collection」&「十一月の星」計51点を展示させていただけることになりました。この写真祭は8月17日から中国で2年に1回開催される中国内でも大規模の写真祭です。世界中から様々な写真家、キュレーター、GALLERYが作品を出展しExhibitionが開催されます。Joannaが日本の若手写真家8名(※五十音順。岩根 愛・内倉 真一郎・小原 一真・千賀 健史・長谷  良樹・細倉 真弓・三保谷 将史・横山隆平)を大理国際写真祭でキュレーションします。個性豊かな写真家達のExhibitionにご注目ください。僕はこの有難いチャンス、出会い、学びを得るために16日〜20日まで中国に行きます。

sg.jpg

・2019 第8回大理国際写真祭 —日本影像新世代联展 Dali International Photography Exhibition"Hai, Dozo!"A new generation of Japanese Photographers
 

・会期:2019年8月17日(土)~ 2019年8月21日(水)
・会場:中国雲南省大理市 

・時間:9:00〜18:00

・入場料:無料
・TEL:+86-871-6833-2882 
・HP:http://www.dipephoto.com
・出展作家:小原 一真、岩根 愛、千賀 健史、細倉 真弓、三保谷将史、横山隆平、内倉 真一郎、長谷 良樹
※内倉 真一郎 出展作品「Collection」「十一月の星」計51点。

【 宣伝協力 】

・KANA KAWASHINISHI GALLERY

http://www.kanakawanishi.com/news-dipe2019?fbclid=IwAR0WMI_EuijC-132knz7119YWJABA9hbpmjosmXpkdM1chxH4n8wElBPmA4

・キヤノン写真新世紀"ARTIST INFORMATION"

https://global.canon/ja/newcosmos/news/artist-information/20190808-uchikura/

・G.GALLERY

https://www.ggallery.org/news

 

・MILA ONLINE GALLERY

https://mila-artlover.com/news2/info/1501/

​【 現地レポート協力 】

​・PHaT PHOTO

https://phat-ext.com

hgrhehr 2.jpg

- Curator / Joanna Fu プロフィール -
 

キュレーター&コラムニスト。華中科技大学ジャーナリズム大学院卒業。近年は仕事で上海に在住。ロンドン、ニューヨークなどグローバル都市を往復。2015年に「肌理の下一台湾近代撮影連合展」のキュレーションとして、大理国際写真祭にて金翅鳥キュレーター最優秀賞を受賞。また、2017年には第2回寧波市国際写真祭でキュレーションをするなど、数多くの雑誌、新聞を手掛け「一個人的文藝複興」を出版。2018年には「肌理之下:一个人探寻台湾摄影 」を出版する。また、台湾国際写真祭Wonder Foto Dayの審査員を務める。


​Joanna Fu | 傅尔得
official site http://www.joannafu.net

「芸術文化においてアジア全体に大きな影響力を持つ日本は今、元号が平成から令和へと切り替わり、新たな時代の幕開けの最中にいます。そんな現代に活動する日本人写真家たちは、それぞれが抱える現状や、社会に対する考えを新たな視覚言語をもって表現しています。(中略)本展では、日本の写真における新時代を写し出しながらも、各々に異なる視点から表現を展開する小原一真、岩根愛、千賀健史、細倉真弓、三保谷将史、横山隆平、内倉真一郎、長谷良樹の作品を通して、彼らが生まれ育ち、それぞれに解釈した現代の日本を考察します。 —本展キュレーター・Joanna Fu」

2019 dari001.jpg

2年に一回開催される大理国際写真祭。素晴らしい展示会場を見てたくさんの刺激をいただきました。様々な作家のオリジナルプリント、額装、展示空間を見ると、世界は本当に広いと改めて思いました。このようなチャンスを与えてくださったキューレターのJoannaさん、主催者のBaoさん、Becさん、スタッフの皆様に心から感謝いたします。そして、この写真祭のプレスリリース&レポートをしてくださる、KANA KAWASHINISHI GALLERYさま、キヤノン写真新世紀さま、PHaT PHOTOさま、G.GALLERYさま、MILA ONLINE GALLERYさま。また、大理国際写真祭の経験をもとにアドバイスをしてくれた、写真家吉川直哉先生。本当に有難うございました。

2019 dari021 2.jpg
IMG_7291.JPG

【博報堂リニューアル雑誌「広告」作品掲載】

博報堂がリュニューアルした雑誌「広告」Vol.413。作品Collectionの掲載とインタビューのご依頼を頂きました。記念すべき創刊号の特集は「価値」となっています。Amazon、書店にて販売されています。掲載ページテーマは「無用」「無用なもの絵の眼差し」となっています。作品Collectionにぴったりです。こんなに斬新な雑誌は僕は今まで初めてです。


そして表紙はシルバーで自分の表情がボケて見えるようになっています。680ページの分厚い雑誌です。様々なアーティストの方々がいます。面白いです。是非、購入してご覧下さい。価格をよく見てください。とても素晴らしいテーマのもとで考えられた販売価格です。

雑誌「広告 Vol.413。」購入先↓

HP:https://kohkoku.jp

Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B07VCQB8LT?ref=myi_title_dp

書店一覧:https://kohkoku.jp/stores/#hokkaido。

b_ 0010.jpg
ccxcv.jpg

僕の隣で展示されているフリーダカーロの遺品を撮影した石内都氏。オリジナルプリントを見てとても感動しました。グローブの作品からの流れで恐縮ですが、僕の作品とマッチしていました。素晴らしいディレクション力の河西さん、ありがとうございます。展示は8月10日まで。是非、皆様お越しください。※写真集「十一月の星」は展示会場と、TOKYO ART BOOK FAIRで販売されています。※展覧会は終了しました。お越しいただき誠に有難うございました。

 

GALLERYさまより文章抜粋"内倉真一郎(うちくら・しんいちろう)は、1981年、宮崎県生まれ。日本写真映像専門学校(大阪)卒業後、独立し、宮崎県にて活動。主な受賞歴に第41回キヤノン写真新世紀優秀賞(2018年澤田知子選)、第33回・34回・36回キヤノン写真新世紀佳作(2010年清水穰選、2011年大森克己選、2013年椹木野衣選)、第7回EMON AWARDグランプリ(2018年)他多数。様々な被写体の中から、生命の根源をゆさぶるものを、卓越した審美眼と真摯な人間性で、カメラに収める写真作品を多数発表しています。本展に出品の 〈十一月の星 (Star of November)〉 は、自らの息子が新生児である時期に、その生命力溢れる姿をありのままに留めるべく撮影した作品です。生まれたばかりにも関わらず、涙を落とすでもなく鳴き出し(泣き出し)、あるいは「新生児微笑」として生理的な筋肉の運動で笑顔をつくる姿など、人間の根源的な姿でありながら本能と生命力の凝縮された姿を、渾身作としてまとめあげ、鑑賞者の本能に訴えかけます。"

 

 

The Reference Asia: Art Book Library 2019
【 My Body, Your Body, Their Body 】

会期 :7月12日(金)-8月10日(土) 
会場:KANA KAWANISHI GALLERY 
参加作家: 石内都、岩根愛、野村浩、倉谷卓、内倉真一郎、牧野智晃、アン・ジュン
開廊:火〜金 13:00~20:00/土曜日 12:00~19:00(日・月・祝休廊)
アクセス:東京都江東区白河 4-7-6 
TEL 03-5843-9128
HP:http://www.kanakawanishi.com/gallery

ブックキュレーター:
中国:シャオペン・ユアン・ウェ(Samepaper 代表) 
シンガポール:グウェン・リー(DECK代表) 
台湾:ツァオ・リアンピン(LightBox代表) 
韓国:ケ イ・ジ ュ ン(Aprilsnow Press 代表) 
日本:河西 香奈(Kana Kawanishi Gallery 代表)

立案 :unit circle 
展示会企画:KANA KAWANISHI ART OFFICE 
協力:IANN / POETIC SCAPE / The Third Gallery Aya

【宣伝協力】

・IMA ONLINE

https://imaonline.jp/news/exhibition/20190718-3/

 

・写真新世紀

https://global.canon/ja/newcosmos/news/artist-information/20190718-nomura-uchikura/

 

・日本写真協会 会報誌

 

Dodooba

https://www.dodooba.com/guide_details.php?ref_id=5859&feature_type=0

 

朝日新聞/夕刊
https://digital.asahi.com/arti…/photo/AS20190723002074.html…

・日本写真映像専門学校

https://www.shasen.ac.jp/navi/graduate/3797


※本展覧会は、TOKYO ART BOOK FAIR2019の公式サテライトプログラムです。

>> 日本語PDF

>> English PDF

mybody_dm_front_2.jpg
mybody_dm_back_2.jpg

KANA KAWANISHI GALLERYにて“My Body, Your Body, Their Body”に作品"十一月の星"を展示致します。大先輩でもあり尊敬する素晴らしい作家の方々との展示になります。是非、お越しください。私はレセプション日は会場にいます。

The Reference Asia: Art Book Library 2019

【 My Body, Your Body, Their Body 】

 

会期 :2019年7月12日(金)~2019年8月10日(土) 

会場:KANA KAWANISHI GALLERY 

参加作家: 石内都、岩根愛、野村浩、倉谷卓、内倉真一郎、牧野智晃、アン・ジュン

オープニングレセプション:7月12日(金)19:00〜21:00

開廊:火〜金 13:00~20:00/土曜日 12:00~19:00 (日・月・祝休廊)

*7月12日(金)は19:00から営業開始/ 7月16日(火)は短縮営業(12:00~17:00) 

アクセス:〒135-0021 東京都江東区白河 4-7-6 

TEL 03-5843-9128

Email: gallery@kanakawanishi.com

HP:http://www.kanakawanishi.com/gallery



ブックキュレーター:

中国:シャオペン・ユアン・ウェイ(Samepaper 代表) 
シンガポール:グウェン・リー(DECK代表) 
台湾:ツァオ・リアンピン(LightBox代表) 
韓国:ケ イ・ジ ュ ン(Aprilsnow Press 代表) 
日本:河西 香奈(Kana Kawanishi Gallery 代表) 

立案 :unit circle 
展示会企画:KANA KAWANISHI ART OFFICE 

協力:IANN  / POETIC SCAPE / The Third Gallery Aya

 

【宣伝協力】

・IMA ONLINE

https://imaonline.jp/news/exhibition/20190718-3/

 

・写真新世紀

https://global.canon/ja/newcosmos/news/artist-information/20190718-nomura-uchikura/

 

・日本写真協会 会報誌

 

Dodooba

https://www.dodooba.com/guide_details.php?ref_id=5859&feature_type=0

 

朝日新聞/夕刊
https://digital.asahi.com/arti…/photo/AS20190723002074.html…

・日本写真映像専門学校

https://www.shasen.ac.jp/navi/graduate/3797

※本展覧会は、TOKYO ART BOOK FAIR2019の公式サテライトプログラムです。

↓ GALLERYさまHPより展示内容抜粋↓

"KANA KAWANISHI GALLERYは、2019年7月12日(金)より「The Reference Asia: Art Book Library 2019」巡回展(*1) として、グループ展『My Body, Your Body, Their Body』を開催いたします。本展では、身体/ポートレート/家族/ジェンダー/コミュニティーなど、広義に「身体」を捉えた中国、台湾、韓国、シンガポール、日本のアジア5カ国のブックキュレーターが選書したアートブック125冊と、写真家7名による関連作品の展示を行います。本展覧会のタイトルは、「彼ら」「彼女ら」という固定観念に捉われることなく、ありのままの自分たちであれる三人称として「they/them/their」がマイノリティ・コミュニティでは好んで使用されているという文化を踏まえ、それぞれの視点で「身体」を改めてみつめるべく、冠されたものです。時代のなかで移ろいゆくわたしたちの身体は、様々な家族観、ジェンダー観、コミュニティ観に根付きながら変容をし続けています。国内外で活躍する日本人作家6名と韓国作家1名、そしてアジア5カ国のブックキュレーターが選書した125冊のアートブックを通し、今現在のアジアの「身体」を体感し得る貴重な機会を、是非お見逃しなくご高覧いただけましたら幸いです。"

>> 日本語PDF

>> English PDF

0531-3B.jpg

上海のキュレーターJoanna Fu|傅尔得氏より、中国の新聞にて紹介をしていただいています。作品「十一月の星」の講評になります。心から感謝いたします。

 


Joanna Fu | 傅尔得 profile

キュレーター&コラムニスト。華中科技大学ジャーナリズム大学院卒業。近年は仕事で上海に在住。ロンドン、ニューヨークなどブローバル都市を往復。2015年、「肌理の下一台湾近代撮影連合展」のキュレーションとして、大理国際影会の金翅鳥キュレーター最優秀賞を受賞。数多くの雑誌、新聞を手掛け「ひとりの文芸復興」を出版。台湾Wonder Foto Day審査員を務める。​

Joanna Fu | 傅尔得氏 
official site http://www.joannafu.net

【 2019Wonder Foto Day  KANA KAWANISHI賞 審査員コメント 】

 

KANA KAWANISHI賞には、内倉真一郎さんを選出させて頂きました。〈十一月の星〉と〈Collection〉という2シリーズ。

 

〈十一月の星〉は新生児の時期の息子を撮影したシリーズ。ブースでぱらぱらと写真集をめくってみると、嬉しさ/悲しさなどの名前をつけられない本能的な感情がずどんと来た。写真集を購入して、ホテルでみかえすと、涙がでてくる。なんの涙かわからない。例えるなら圧倒的な大自然の光景をみたときと同じような種類のものだとおもう。写真の真髄。

 

〈Collection〉は、彼が地元の宮崎で出会った、打ち棄てられた物たちのポートレート。宮崎という土地柄の大胆さ。人間という生き物の奔放さ。役割を終えた物たちの無口な雄弁性。こちらも胸を突く作品で、写真というものの力をずっしり感じる。加えて、人間の営みというものを考えさせられる作品。内倉さんという人は底知れない。

​・

KANA KAWANISHI PRIZE: Shinichiro Uchikura

Shinichiro Uchikura was selected for KANA KAWANISHI Award for his two series "Star of November" and "Collection." "Star of November" was a series where Uchiukura photographed his newborn son, within 90 days since the new life arrived in this world. The simple images, purely photographed in black and white, left a heavy and fundamental viewing experience that cannot be named with normal emotions like "happiness" or "sadness." To confirm the indescribable resonance, I purchased the monograph and viewed it again back in my hotel. which naturally led me to tears. Perhaps the images have the power that is closer to when one stands in front of a devastating landscape within nature. "Collection" is a series of things left abandoned in his hometown Miyazaki, photographed as though portraits. The spontaneous dynamics of the people who reside in Miyazaki. The riotousness of us human beings. The eloquence of the things in silence who had finished their roles. Like his previous series "Star of November," this series too had a heavy and straightforward viewing experience, fully embracing what the medium of photography could do. The body of work also scoops an aspect of human society, making viewers rethink how humans have been behaving in this world. 

sdcvdv.jpg
afw.jpg

【 Wonder Foto Day KANA KAWANISHI賞 受賞 】

 

台湾のフォトアートフェスタWFD。

世界中120名の写真家の中から13名審査員賞が決定。

 

KANA KAWANISHI GALLERYディレクター 選。

Wonder Foto Day KANA KAWANISHI賞を受賞いたしました。

このようなチャンスを、与えてくださって心から感謝申し上げます。これから新作に向けて更に頑張っていきます。

 

応援してくださる皆様、作品を購入してくださった皆様、そしてKana Kawanishi様。本当に、本当に有難うございました。

 

【 2019 Wonder Foto Day 】

 

・展覽日期 |Date 
2019.04.12 (Fri.)-14 (Sun.)


・展覽地點 |Venue 
松山文創園区 三号、四号倉庫
(台北市信義区光復南路133号)


・活動網址|Website  
https://www.wonderfoto.com/?lang=zh

s0001.jpg

【キヤノン主催 写真新世紀 2019 冊子】

2018写真新世紀優秀賞受賞作品を掲載しています。

ステイトメント、写真との関わりなども含め文章も寄せています。写真集「Collection」「十一月の星」をお買い上げの方に無料でお渡しします。

こちらのリンク先をクリックしてください。

 

https://www.uchikurashinichiro.com/shop

IMG_2881.JPG

【 2019 Wonder Foto Day 出展 】

 

台湾のフォトアートフェスタWFDに作品「Collection」を出展。写真集「十一月の星」も販売。様々な国から120名の写真家が集まるストリートなアートフェスタです。

 

【 2019 Wonder Foto Day 】

・展覽日期 |Date 2019.04.12 (Fri.)-14 (Sun.)

・展覽地點 |Venue 松山文創園区 三号、四号倉庫(台北市信義区光復南路133号)

・活動網址|Website www.wonderfoto.com​

https://www.wonderfoto.com/news/2179574

_E2C1369.JPG

【 2019年公益社団法人 日本写真協会 会報 ・476号 】

PSJ / The Photographic Society of Japan 

 

今後、写真家としてどのように活動していくのか、亡き父のことを中心に文章を書いています。是非、ご覧ください。

 

購入先↓でお願いします。

〒102ー0082

東京都千代田区一番町25 JCIIビル 

1冊400円

TEL:03ー5276ー3585

HP:http://www.psj.or.jp/psjaward/index.html

【 TOKYO ART BOOK FAIRGinza Edition at Ginza Sony Park 】

 

東京アートブックフェア銀座 ソニーパークに出展します。

3月23日ー24日まで株式会社イニュニック様のブースにて、ED100の写真集「Collection」を出展いたします。東京の方は是非、お越しください。

 

 

主催:TOKYO ART BOOK FAIR、Ginza Sony Park

会期:2019年3月8日(金) ~ 4月7日(日) 10時~20時

   *3月8日(金)は17:00~21:00のみになります。

会場:Ginza Sony Park 東京都中央区銀座5-3-1

   https://www.ginzasonypark.jp/program/010/

 

TOKYO-ART-BOOK-FAIR_7.jpg
IMG_2161.jpg

上海のキュレーターJoanna Fu|傅尔得氏より、作品「Collection」「十一月の星」の講評をしていただいています。また、ED100の写真集の紹介などしていただいています。心から感謝いたします。リンク先をご覧下さい。

https://mp.weixin.qq.com/s/2p7fRDC6sZTsefSF6ZPPxQ

Joanna Fu | 傅尔得 profile

キュレーター&コラムニスト。華中科技大学ジャーナリズム大学院卒業。近年は仕事で上海に在住。ロンドン、ニューヨークなどブローバル都市を往復。2015年、「肌理の下一台湾近代撮影連合展」のキュレーションとして、大理国際影会の金翅鳥キュレーター最優秀賞を受賞。数多くの雑誌、新聞を手掛け「ひとりの文芸復興」を出版。台湾Wonder Foto Day審査員を務める。​

Joanna Fu | 傅尔得氏 
official site http://www.joannafu.net

IMG_2623.jpg

【 PHaT PHOTO 写真集紹介 】

WebマガジンPHaT PHOTOさまにて、2018年写真新世紀優秀賞受賞作品写真集「Collection」2018年EMON AWARDグランプリ受賞作品写真集「十一月の星」の特集をしていただけました。

とても面白いコメントです。有難うございます。

WEBから購入も出来ますので、是非ご覧ください。

​↓

https://phat-ext.com/up-date/32953

hgrhehr 2.jpg

【 月刊 ART collectors 2019年 3月号 】


"5人の目利きコレクターが2018年に買ったアート作品"

 

作品「十一月の星」を購入してくださった、コレクター和田 大象様の特集ページで、2018年コレクション作品紹介で紹介されています。

雑誌の購入先は↓になります。

https://www.tomosha.com/collectors/LatestContents

hgrhehr 2.jpg

【  卒業制作 レビュアー  】

 

日本写真映像専門学校で特別講義をさせていただきました。作品の紹介とテーマの切り替えの説明。そして2年生全員の卒業制作を見てレビューをするという内容。2年間の集大成はこれからのテーマにも繋がります。圧倒的なパワーと本当に素晴らしい作品ばかりです。卒業制作展はもう直ぐ富士フォトサロン梅田&学校で開催されます。 大阪にお越しの方は是非、見に来て下さい。

http://www.shasen.ac.jp/index.php

 

【 写真集 「十一月の星」購入先 】

https://www.uchikurashinichiro.com/product-page/写真集-十一月の星-限定100部


EMON PHOTO GALLERY
https://www.emoninc.com

​【 写真集 「Collection」購入先 】
https://www.uchikurashinichiro.com/product-page/写真集-collection-限定100部

 

KANA KAWANISHI GALLERY

http://www.kanakawanishi.com

IMG_4888.JPG

内倉 真一郎 / Shinichiro Uchikura

sold out 

限定100部オリジナル写真集「十一月の星」

7th EMON AWARD グランプリ受賞作品

 

2018年11月6日 第一刷発行

著者 内倉 真一郎

編集 横山 隆平

定価 3,800 円 + 税

※ポストカード2セット付き。

落丁・乱丁本はお取り換えいたします。

印刷・製本 株式会社イニュニック

判型:293×220mm

総頁:74ページ

仕様:ハードカバー

Edition:100

購入先:

https://www.uchikurashinichiro.com/product-page/写真集-十一月の星-限定100部

KANA KAWANISHI GALLERY

http://www.kanakawanishi.com

宣伝協力:

Canon写真新世紀 ARTIST INFORMATION

https://global.canon/ja/newcosmos/news/artist-information/20190118-uchikura/

PHaT PHOTO

https://phat-ext.com/up-date/32953

日本写真映像専門学校

http://www.shasen.ac.jp/navi/graduate/3441

IMG_5952.JPG

内倉真一郎 / Shinichiro Uchikura

sold out 

限定100部オリジナル写真集「Collection」

Canon主催 第41回 写真新世紀優秀賞受賞作品

 

2019年2月5日 第一刷発行

著者 内倉 真一郎

編集  横山 隆平

定価 5,000 円 + 税

※ポストカード2セット付き。

落丁・乱丁本はお取り換えいたします。

印刷・製本 株式会社イニュニック

判型:293×220mm

総頁:54ページ

仕様:ハードカバー(ケース入り)

Edition:100

購入先:

https://www.uchikurashinichiro.com/product-page/写真集-collection-限定100部

KANA KAWANISHI GALLERY

http://www.kanakawanishi.com

宣伝協力:

Canon写真新世紀 ARTIST INFORMATION

https://global.canon/ja/newcosmos/news/artist-information/20190118-uchikura/

PHaT PHOTO

https://phat-ext.com/up-date/32953

日本写真映像専門学校

http://www.shasen.ac.jp/navi/graduate/3441

IMG_2912.jpeg

【 内倉真一郎 × 横山隆平。トークセッション 】
 

2019年1月27日、内倉真一郎の限定100部オリジナル写真集「十一月の星」、「Collection」の二冊同時刊行を記念して、gazeの企画第一弾となるイベントを京都にて行うことになりました。2018年EMON AWORDグランプリ、Canon写真新世紀優秀賞、Wonder Foto Dayキュレーター賞を受賞するなど、ここ数年目覚ましい活躍の写真家・内倉真一郎とPhotography Magazine 81LAB、Buffalo pressなどの立ち上げに携わり、モノクロフィルムによる都市写真を中心に作品を展開してきた写真家・横山隆平の対談形式のトークイベントとなります。会場ではgazeより発行された「十一月の星」、「Collection」を始め、「風に転がる紙屑に書かれたような美しい、光と踊るネズミのグラフィティ史」など両作家のオリジナル写真集を購入することができます。


開催日:2019年1月27日(日)17:00~19:00
開催場所:OLBONE CAFE 
〒602-8132 京都府京都市講堂町242 HIWADA HOUSE 1F
入場料:1,000円(税込) 
定員:先着20名

「写真家横山×写真家内倉によるワークショップ開催」

https://www.street-academy.com/myclass/49079?conversion_name=direct_message&tracking_code=542c435973284add6b56e75e15ef57b5&fbclid=IwAR1oWYHU1RL5Ekh5nkkPu_GqxwB6gKF3TRTmaoqZa6CEABeIKLQQP4I-XlQ

宣伝協力:Canon写真新世紀 ARTIST INFORMATION

https://global.canon/ja/newcosmos/news/artist-information/20190118-uchikura/

【Wonder Foto Dayインタビュー】

今年4日間で来場者数1万5千人を超えた台湾PHOTOアートフェスWonder Foto Day。今年キュレーター賞(Joanna Fu 選)を受賞し、台湾G.GALLERYで個展の時にインタビューをして下さりました。是非、Wonder Foto Dayに応募してみて下さい。とても素晴らしい熱気のあるアートフェスタです。インタビューをしてくださったWFDの皆様。有難うございました。応募はこちらから↓

HP:https://www.wonderfoto.com/index-jp.html

It’s a big art event in Taiwan.I took interview at Wonder Foto Day.
It was quite embarrassing for me, but please watch it if you'd like.
And i reccomend that you should try to apply your work toWonder Foto Day!You will have an unusual experience.Also it's a wonderful art event!

hgrhehr 2.jpg

「全作品シリーズ ポストカード」

写真集購入の方にプレゼントします。

official siteにて全作品シリーズ「私は自分に恋をした新しく産まれる自分に」「震える瞳」「Parasite」「肖像」「人間図鑑」「佳子」「分離と融合」「犬の戦士団」「十一月の星」「Collection」から選抜して、ポストカード3点〜4点セット。クレジットカードでの購入も可能です。詳細はwebにて記載しています。購入先はofficial site Online Shopにて。

 

I started selling postcards that I selected from all series of my works. Paper quality is beautiful art paper. 
I’ll sell them on my official website, please have a look.

_DSF5309.JPG

「Canon写真新世紀優秀賞受賞作品 "Collection"展示風景」
 

※優秀賞受賞者Galleryはこちらです。

https://global.canon/ja/newcosmos/gallery/2018/shinichiro-uchikura/index.html


2018Canon主催 写真新世紀 優秀賞受賞作品「Collection」の展示風景です。38点の中から17点セレクトして展示。フクロウは大きく展示しています。現在、このシリーズ「Collection」は70点程になっています。ステータメントは会場にてご覧ください。そして、オリジナルプリントと展示を是非、見に来てください。作品意図はグランプリ公開審査会にてプレゼンテーションさせていただきます。グランプリ公開審査(終了しました)は11月2日(金)15:00〜になります。

This is the scene of ‘Collection’ Excellent Award Winning Work at the 41st Canon New Cosmos of photography in 2018. That was displayed 18 works from 38 works. Owls are on display large. Please come and see the original print at the exhibition. And also you can see my statement at the exhibition. There are the works of other photographers there. They are also great, so please come to the Tokyo Metropolitan Museum of Photography. I’ll talk the content of the work at the grand prix judging session.

2018年度 第41回Canon主催 写真新世紀受賞作品展 】


日時:10月27日(土)~11月25日(日)10:00~18:00
会場:東京都写真美術館
出展者:優秀賞受賞者7名:内倉 真一郎、岡田 将 、佐々木 香輔、ソン・ニアン・アン、デレク・マン、 別府 雅史、山越 めぐみ、佳作受賞者12名。


主催:キヤノン株式会社
共催:東京都写真美術館

【 グランプリ選出公開審査会 】
日時: 2018年11月2日(金)15:00~18:00
受賞祝賀会:11月2日(金)18:00〜19:30
会場:東京都写真美術館
定員:先着180名
審査員:エミリア・ヴァン・リンデン氏(Unseen アーティスティック・ディレクター)、サンドラ・フィリップス氏(サンフランシスコ現代美術館(SFMoMA)名誉キュレーター)、さわ ひらき氏(美術家)、澤田 知子氏(アーティスト)、椹木野衣氏(美術評論家)、杉浦 邦恵氏(写真家)、安村 崇氏(写真家)

Canon写真新世紀HP:https://global.canon/ja/newcosmos/

ku.jpg

グランプリ公開審査会にてプレゼンテーションをさせていただきました。グランプリはシンガポールの写真家ソン・ニアン・アンさんが受賞されました。おめでとうございます。結果、私は、優秀賞を改めて受賞させていただきました。文化支援をしてくださるCanon皆様、貴重な意見、アドバイスをくださった審査員の皆様、そして応援してくださる全ての皆様。本当に有難うございました。これから作品「Collection」を個展、出版、そしてアジアを中心に活動して行きたいと思います。素晴らしい経験を有難うございました。

IMG_0741.jpg

台湾の国際写真祭Wonder Foto DayのHPにて、

写真新世紀優秀賞作品「Collection」の

宣伝をしていただいています。

台湾の皆様、有難うございます。

こちらからご覧ください。

https://www.wonderfoto.com/news/shinichiro-uchikura-collection-series

sdv.jpg

「写真新世紀 優秀賞受賞者アーティスト・トーク開催」

Canon主催 第41回 写真新世紀優秀賞受賞作品「Collection」の展示開催中です。
アーティスト・トークでは、沢山の皆様にトークを聞いていただき本当に有難うございました。レセプションパーティーもとても素敵な時間を有難うございます。

 

I came to the Tokyo Metropolitan Museum of Photography for the exhibition final check.The exhibition starts tomorrow and also thereartist talks will be held. I will do my best!

2018_poster_ol.jpg
2018_flyer_uchi_ol.jpg